済美平成創立20周年記念式典

 2016年10月19日(水)、松山市民会館にて創立20周年記念式典・講演会が開催されました。

創立20周年記念式典

 吹奏楽部によるファンファーレで幕開けです。続いてダンス部による演技が披露されました。

 教頭による開会のことばで始まった記念式典。国歌斉唱、校長式辞、理事長挨拶、来賓祝辞・紹介と進みました。

 続いて、校史紹介。済美平成の20年をスライドで振り返りました。

 歴代校長、卒業生からのメッセージに続き、在校生による未来へのメッセージが唱和されました。

創立20周年記念プログラム

 記念式典に続いて行われた記念プログラムでは、まず3年生の論文発表が行われました。

RPGとアクションゲームのユーザー層の違い

死生観

ゴジラから核と平和について考える

日本の学校と海外の学校の違い

 5年音楽選択生・2年生・1年生による「時の扉」三部合唱、そして全校生徒による校歌三部合唱が市民会館大ホールに響き渡り、感動的な歌声と共に午前のプログラムが終了しました。

時の扉

校歌

創立20周年記念講演

 午後は大阪大学特別教授の石黒浩先生に「ロボットと未来社会」と題して講演をして頂きました。

 人間が好きだから、人間とは何かを追究したくてロボットの研究をしている。そんな石黒先生の講演は、まさに人間味にあふれた楽しい講演でした。人間の本質に迫る科学的な内容を高校生にも分かるようにユーモアも交えながら分かりやすく話してくださいました。また講演途中でも生徒の質問に耳を傾けてくださり、あっという間の2時間半でした。

 生徒の感想はこちらから