沿革・教育方針

済美平成中等教育学校 沿革

済美学園 中等教育学校への道
1901年
(明治34年)
松山裁縫伝授所開設 澤田亀
1905年
(明治38年)
勝山女学校創設 船田ミサヲ
1907年
(明治40年)
勝山女学校 高等女学校に昇格
1908年
(明治41年)
愛媛実科女学校設立 澤田亀
1911年
(明治44年)
済美高等女学校及び済美女学校開校
(勝山女学校と実科女学校合併)
1948年
(昭和23年)
済美高等学校設置   松山市湊町7丁目
1974年
(昭和49年)
済美幼稚園開園    松山市余戸西6丁目
1997年
(平成9年)
済美平成中学校開校  松山市空港通5丁目
初代校長 佐々木寅義
1期生入学式
1998年
(平成10年)
2代校長 池田 逞
2000年
(平成12年)
済美高等学校平成分校開校
初代校長 石丸 博
2001年
(平成13年)
済美学園創立100周年記念式典
2002年
(平成14年)
済美平成中等教育学校と改称
校長 池田 逞
2003年
(平成15年)
1期生卒業式
3代校長 大嶋祐二
7期生入学式
2004年
(平成16年)
4代校長 石丸 博
2006年
(平成18年)
学校創立10周年
2007年
(平成19年)
5代校長 正岡 勝英
2015年
(平成27年)
6代校長 窪田 利定


教育方針~済美平成中等教育学校の特色~

計画的・継続的な教育
1・2年生を「基礎期」、3・4・5年生を「充実期」、6年生を「発展期」と位置づけ、きめ細かな指導を可能にする少人数授業・習熟度別指導や個別指導の実践により、学力の育成を図ります。
高い進路目標の実現
授業時間の確保と質の高い授業の実践により、最難関国公立大学・私立大学への現役合格を目指します。
人間性をみがく教育
人間性をみがくための教育活動を展開し、自ら学ぶ力とコミュニケーション能力を育成します。
国際化に対応した外国語教育の重視
外国語教育と国際理解教育を推進し、国際社会で活躍する人材を育成します。
充実した豊富な学校行事
特色あるさまざまな学校行事を楽しむことができます。