1年生のあしあと

~19期生のあゆみ~

FINAL 友情の星よ永遠に(3/25)

 最終回です!この1年に感謝です。同じ仲間で、来年も頑張るんだけど、この1年はもう二度とやって来ません。支えてくれたすべての人に感謝を込めて問いましょう。「友達とは」。

▼笑顔をつくる存在だと思います。友達と話していると自然に笑顔になれるからです。ひとりぼっちでいると、笑顔には慣れないと思います。ぶつかることがあっても時間が経てばもと通りになれる、また笑い合えるのが友達です。

▼大切な思い出の一つです。一緒に笑ったり、泣いたり、ケンカをしたりとたくさんのことを経験していくことで家族のように、一生大切な存在になっていくものだと思います。私は、辛いときや嬉しい時に一緒に泣いたり笑ったりすることができ、何でも相談できる存在が友達なのではないかなと思います。

▼この一年間、長い間、共に過ごしてきたのに、きちんとした答えがみつかりませんでした。なんとなくわかるようでわからない…それが友達というものなのかもしれません。でも僕は、友達のことをきちんと理解するために友達といられる幸せを日々かみしめながらすごしていきたいです。

▼「大切なもの」その一言につきると思います。一緒に授業を受け、遊び、楽しみを分かち合える、そんな存在があるからこそ、今の自分があり、成長することができました。友達といることで、心もいやされ、友達といるということに無駄という言葉は存在しません。

■こないだ入学したばかりなのに、もう春の若葉が芽吹いています。1年間の物語も、幕を閉じていきます。
 ご覧頂いた皆様、重ね重ねありがとうございました。


 誰に教えられたわけでもないのに、春の若葉は芽吹いていきます。
 そういうものなんでしょうね。
 新しい物語が、もう始まっています。

#36 2020年の挑戦

 今年度ももう終わりますね。2016年は2年生、そして2020年には6年生!締めくくりのために、そして6年生となるめに、1年生としてやり残したことはないかな?

▼今年一年間でやり残したことは勉強です。あの日がん張っておけばなぁとか、ここをやれば合格だったのに…と思ったことが今年多々あり、後悔しました。2年生になってからはこんな思いをしたくないので、2年生のテストでは範囲をすべてやって、悔いのないようにしていきたいです。

▼もっと友達と話したかった!です。本当に最高のクラスで、もう6年間このままでいいような気もするほどなので、クラス替えが本当に残念です。なのでこの1年生の間、もっとクラスの人や親しい友人とも話しておけばよかったです。

▼やり残した事というよりは、もっとやりたい事がいっぱいあります!クラスマッチ的なやつがしたいです!2年になるのも楽しみだけど、クラス変えは少しさびしいです…。なので!このクラスのメンバーで、最後まで楽しみたいと思います!

▼クラスの人ともっと仲良くすれば良かったと思います。別に今、クラスの人と仲が悪いというのではないですが、もっと仲良くすれば今よりももっと楽しかっただろうなと思います。もう二度と同じクラスにならない人もいると思うので、残り少ない日数ですが、クラスの全ての人といる時間を大切にしたいです。

■6年生になるのなんてあっという間だからなあ。当然、1年生が終わるのもあっという間なんだよなあ。自分の青春が終わりを告げていくのに気付けるかどうか…まあ、ずっと先のことですけどね。例えば2020年になって気付くとかね。

#35 果てしなき逆襲

 本来でしたら、卒業式の感想など聞きたかったのですが、ご存知のとおり、インフルエンザまさかの再襲来で、式に1年生の姿がないという異例の展開でした。そんなインフルエンザ渦、生徒諸君はどう過ごしたのか?

▼クラスでインフルがはやり、たくさんの人が学校を欠席し、学級閉鎖になってしまいました。学級閉鎖になると友建にも会えないし、とても暇なのでなりたくないなと思いました。勉強も一人だとなかなかはかどらないので、友だちがいる学校って楽しいと思いました。

▼自分自身、そこまで予防をきちんとしていたようにはそこまで思えないのですが、無事にインフルエンザにはかかることなく1年を過ごすことができました。来年もかからず、平和に2年生を過ごしていきたいと思いました。

▼まさかの出来事でしたが、ポジティブに考えます。学級閉鎖になる。ニュースになる。済美平成のことを知ってもらえる。済美平成に入りたい人が増える。済美平成がにぎやかになる。みんなが楽しく学校生活を送れる。人生が楽しくなる。

▼学級閉鎖の間、友達にも先生にも会えず、とてもさみしかったので、このクラスのメンバーは最高だと感じられました。友達がいないと話す相手がいなくてたいくつだし、先生がいらっしゃらないと、分からない勉強はどれだけ考えても一向に進みません。このクラスのみんなと出会えたことは最高に幸せなことだと思います。そして、ずっとみんなが元気でいられることが何よりも嬉しいことだと思います。

■学級閉鎖って、生徒諸君が思ってるよりいろいろ大変なんですよ。学年の先生だけじゃなく、授業に来ていただいてる先生も、保健室の先生も…いろいろ仕事がドカッと増えて…っていうことに気づかないまでも、平凡な日常がいちばんの幸せなんだよね。平穏な日々が戻って何よりです。

#34 先生の秘密

 2回目の開催となりました「本日の9曲」、先生方の大進め曲の人気投票結果はまたしても皮肉な結果に終わりました。ともかく、集中力と表現力、そして推理力が試される企画です。生徒諸君の感想をどうぞ。

▼今日は、先生方の違った一面も見れて良かったです。この先生が、この曲の選曲を!と思うものもありました。歌を通じてたくさんのことを感じました。

▼前回よりも内容が濃くって選ぶのが大変だった。だから、前回よりも正答率が下がり悔しかった。継ぎ、もし当ったらちゃんと当たるようにしたいです。また、自分が好きな曲も入っていたので、また色々な新しい曲を聴いて、お気に入りの曲を聞きたいと思います。

▼先生たちの選んだ曲を当てるのが楽しいです。意外な人が選んでいたりするのでビックリすることもありました。また、音楽を聴きながら書くのは耳と手を良くつかうため、とても大変でした。

▼手はとても痛くなるけど、おもしろいです。理由は先生の好きな音楽が意外だからです。一緒に授業している先生でも、全然分からなくて、ほとんどが予想です。当たっている数はとても少ないけど、自分の気に入った音楽が見つかって良かったです。

■集中力を発揮する、というのは難しい。視覚・聴覚そして頭脳をフル稼働させる時間て、あるようであんまりないんだよねえ。リラックスして映画観る、とはまた違うと思うのです。そして、先生方の隠された部分もまだありそうな気配。

#33 噴煙突破せよ

 またしても更新の間が空いて申し訳ありません。学年末テストも終わり、いよいよ1年生も大詰め、このコーナーも大詰め。しかし今は、テスト明けの解放感に浸る浅はかな1年生たち…はいないですよね?と信じたい。

▼今回は 勉強不足の科目があって、思った以上にできなくてとても悔しかったです。なので、次からのテストは後で悔いが残らないように今回以上に努力をして、全部のテストがすらすら解けるようにしていきたいです。

▼前回のテストがうまくいかなかったので、今回は数学と英語をがんばりました。数学は、図形の証明が苦手だったので先生に聞いたりして、勉強しました。なので結構できました。英語は毎回授業で小テストがあったのでそのテストの復習をしました。単語を覚えられていてすらすら解くことができました。

▼終わってからすごく安心した。けれど、テストが返されるまでは安心できない。けれど、自信があるものと、ないものがあるので、少し安心できるが、安心できないようなびみょうな気分です。

▼夜遅くまでがんばって、テスト終わって今とてもホッとしています。これでやっと寝れる!と。ラジオききながら勉強するのはそれなりに楽しかったのですが、ニキビは増えるし、朝、髪の毛はまとまらないのでまずは寝たいです。

■テストも終わり、あとは楽しく4月まで…というわけにはいきません。テストがあろうと無かろうと、学問の道は長く、また険しいのであります。学校で教わるのは本当に「学問」か…それはまた考えることにしましょう。

#32 花

 いよいよ来週からは試験ウィークに突入、そこに備えつつ、新入生を迎える諸準備も担当する1年生、着々と仕事と日常が進んでおります。今回は、「最近思うこと、考えてること」について尋ねてみました。

▼英語の追試のおかげで、朝早く起きて、時々学校に来て朝に勉強するようになったことが嬉しいです。また、国語の実力テストやアドバンスト模試などの点数が良くなってきて自信がついてきた。

▼けやきマラソンが無事に終わって嬉しい気持ちで満たされています。一方、もうすぐ学年末テストがあるので「まだ終わっていない」といつも自分に言い聞かせています。学年末テストの後は楽しみなことがいろいろあるので、そのことを目指してがんばりたいです。

▼最近、部活や勉強などでいろいろな事を考えます。部活は朝早く起きれなくて困っています。勉強面では、最近英語が難しくなってきているので、ついていけるのかすごく心配になる時があります。もっと勉強したいと思う。

▼4月に入学してあと少しで1年がたつ。1年は早いというけれど今年は今までで一番早かった。それほど学校生活がじゅうじつしていたのだと思う。来年は2年生。勉強も部活も学校生活も今まで以上にがんばりたいと思う。

■日常というのは、時に退屈になりがち。だけど、そこに何かを見つけられる人であって欲しいのだ、と…、思いたいところです。1年生の日常も、あとふた月ほど。大事なことほど、過ぎてしまってから大切さに気づくものです。

#31 まぼろしの雪山

 1年でいちばん寒い時期ですかね。北陸や山陰は雪でたいへんなようでした。松山は本当に雪が積もらない。この程度は雪ではない、そういわれそうですが、外にでりゃやっぱり寒い。ひ弱な心身を鍛え直すいい時期だね。

▼朝、自転車で通っているので寒かったです。正直に言うと、寒いより風が強い方がキツいので、まだましだったです。ひさびさの雪に驚いたけど、一度けいほうで、学校にいけなかった日ににわのはしの方につもっていました。寒波のせいできんぎょばちの水面がこおってました。

▼いつも下校の時はマフラーをはずしていたけど、最近はまいてから下校しています。この前は先生がしっかりとまいてくれました。家は暖房のせっ定温度が20℃で、家でも着こんでいます。ひざかけのありがたさを感じます。

▼日曜日の夜に水にぬらしたタオルを外でふりまわしたら固まりました!テレビとかでしか見ない光景なのでなんかうれしかったです!こんどもしこのような大寒波が来たらお湯を使っておもしろいことをしてみたいです!

▼寒い日がずっと続いていたので母がマフラーを買ってくれました。新しいマフラーをまいてみると、とっても暖かかったです。せっかくマフラーを買ってもらったので、大事に使いたいです。寒い日がずっと続いて、悪いことばかりだと思って、嫌がっていましたが、それでも温かい思い出ができて、すごくうれしかったです。

■もしも雪が積もれば、みんな喜びのアクションを見せるはずなのに…寒いだけはイヤ、雪がないと…ということでしょうかね。雪国の雪は命がけだからなぁ。雪が楽しいのも、まあ幸せな証拠なんでしょうね。

#30 母の願い 真冬の桜吹雪!

 昨日は授業参観日でした。おいで頂きました保護者の皆様。ありがとうごいました。今週は暴風雪警報による自宅待機日も。平凡な時間が続くようで、ちょっとしたアクセントが日々を彩ってくれます。3学期というのはそういうことなのですね。今回のお題は「最近の出来事」。

▼早起きができなくなったことです。目覚まし時計で1回起きるんですけど、ねむいのでもう一回寝てしまいます。なので、寝坊してしまっていつも母に怒られます。なので、できるだけ、早く寝てるんですけど、朝が寒いので、なかなか起きれません。

▼よく本屋へ行くようになりました。自分は何かと書店へ行きます。好きな本、興味のある本を見に行きます。最近週末に行っています。これからも好きな本をたくさん読んでいきたいです。

▼暴風雪警報がでたことです。松山ではあまりそんな警報とかでたりしたりしないのでけっこうびっくりしました。あと、なかなか風がやまないのでちょっととちゅうからあせりはじめてしまいました。

▼誰がどの音楽を好きかという授業がおもしろかったです。また、プリント1枚びっしり、乾燥書くのはとても難しかったです。音楽を聞きながら、乾燥書くのは集中できず、なかなか進みませんでした。でも、まさかの結果がとてもおもしろく、いい時間でした。

■平凡な日々でもいろいろ起こってるもんですね。強い北風の中にも、かすかな春の息吹は吹いているはずです。そんな息吹を感じることができるのは、心のひだをすり減らしていない人だけ。いろいろ余裕がなくなる季節ですが、一杯、あたたかいお茶でも飲んでみませんか。

#29 あけてくれ!

 いよいよ明けました!というわりには結構な日数が経ってますがお許しを。課題テストも連休も終わり、いよいよ3学期!てなもんです。どんな3学期になるのかしら。

▼新年は、旅行先の大分県で迎えました。カウントダウンで家族と「3!2!1!おめでとう!」とか言ってやっていました。そういってると、1年生の思い出がたくさんあったなとか、1年って短いなと感じました。

▼課題テストがあるという不安をかかえながらむかえました。今までは、何も考えず、楽しくすごしていましたが、今年は今までと比べてすごく不安な年越しになりました。でも、ぶじに年を越せたので安心しました。

▼新年になって、新しい気分で、3学期をむかえることができました。そして、1年生でいるのもあと数ヶ月だなとか1年がはやいなとか思いました。そして、もう少しで自分達が先輩になるのかなと思うと嬉しくもあり、少し不安でもあります。

▼昨年、今頃は気持ちが重かったなと思い出しました。数日後に受験という正月だったので、少しのリラックスになって良かった、という事を、後になって思いました。今年は、気楽にゆっくり過ごしたのは良かったのですが、あの時もっと勉強しておけば良かったと後から思いました。

■小さい頃は、大晦日の押し迫った雰囲気が大好きでした。それに比べると、正月なんてそんなには。年をとったらなおのこと。初日の出もいいけれど、そこからはもう日常だもんね。除夜の鐘の音色の豊かさに比べたら、お年玉のもらえない正月なんてねえ…と、日常を迎えてネガティヴに思う2016年の年明け。

#28 運命の光の中で

 早いもので今年も残り1週間。本欄も今回が本年最後の更新となります。1年生の補習に出席中の生徒諸君に、今年一年を振り返ってもらいました。前回は来年の抱負だった、とか言っちゃダメです。

▼今年はいろんな事がありました。済美平成の受験に始まり、入学式、スポカ、合唱コンクール…と、どれもこれも初めてで「挑戦」の一年でした。また、入学式からこの1年で、友達関係や先輩や先生への話し方、勉強の姿勢など、多くのことを学ぶことができました。

▼すごく1年が短く感じました。小学校1年生の時も同じように感じました。けれど、2年からは1年がすごく長くなるような気がするので、来年も、1日、1日、を楽しくすごすようにして、1年、1年を楽しんで6年間すごしたいなと思います。

▼勉強は、自分が思っていたよりもできなかったので、学年末では良い成績をとりたいです。H28年は、学校行事でマラソンがあり、私は走る(長距離)のが苦手なので、自分に負けないように走りきりたいです。楽しく新年をむかえれるようにしたいです!!

▼僕は、今年一年で大きく、自分を変えることができ、人間的にも成長できるようになりました。中学校生活はまだ始まったばかりなので、これから楽しんでいきたいです。この一年は本当に大きく成長できる年だったと思います。

■オトナの一年はそれまでの人生の総和と比較されます。つまり、40歳の人なら人生の40分の1、30歳の人なら30分の1に過ぎません。でも、中学1年生の一年は、人生の13分の1なんですよね。それはきっと、オトナよりもずっと長い、豊かな時間を過ごしているんでしょう。ゆっくり、ゆっくりでいいから、急がず成長。彼らの一日に訪れる僅かな成長を見つけていきたいな、と思っています。

#27 明日を捜せ

 1年生の道徳、年内は本日が最終回となりました。明日発表される「今年の漢字1字」にちなみ、生徒諸君が心に入れておきたい「来年の漢字」を考えてもらいました。心に大切な漢字をひとつ。

▼「厳」2015年は自分に甘く他人に迷惑をかけたりテスト前に自分に甘くして結局成績が悪かったりしたので何事も自分に厳しくしてまずは一つ、一つこれ位でいいやという感じではなく一つ、一つ完璧になるまで(わかるまで)頑張っていきたいです。

▼「敬」来年は2年生になり1年生が入ってきて先輩になるので先輩らしい言動をとって、先生、目上の人、下級生等どんな人でも敬った態度で接することができるように、しっかりと下級生にも、優しく接して敬うという言葉を伝えていきたいと思います。

▼「今」"今を一生懸命に生きる"。生きている私たちにとっては、とても難しい難題だと思いますが、せっかくこの世に生まれたんです。なるべく、その"今"と向き合って、一生懸命生きていけるよう、頑張っていきたいと思います。

▼「明」自分の行いが正しいのかを判断し、正しくない、悪い行いをしないような心にならない。悪い行いをすると嫌な気持ちになるので、常に、明るい心を保っていたいから。せっかく生きるのなら、明るく、楽しく、生活を送ることが重要だと思います。

■この道徳は、もうずいぶん前からやっているネタなのですが、まあ生徒諸君はいろいろと考えてくれるから嬉しいですね。もう今年も終わりだなあ。このサイトを覗いている皆様、今年はどんな感じでどんな漢字でした?来年はどんなカンジ?

#26 勇気ある戦い

 1年生は5回にわたり、総合学習で人知れずディベートをやっていました。いちおう最終日となりましたので、生徒諸君の感想をもって総括とさせていただこうと思います。なかなか難しかったかな?

▼とても楽しかったです。肯定側の人から、かなり立派な立論をされて、あせりましたが、なんとか勝ててよかったです。言葉で戦うというのは、こんなに難しいことだとは思いませんでした。

▼意見を言う時間が長く感じられ、余りの時間に何を言うか、ということで間があいたときがあったので、事前に準備をしっかりしておくことが大切だと思いました。小学校でやっていたときよりも論理性がある発表ができたので、良かったと思いました。

▼さまざまな視点に基づいていろいろな意見を聞くことができました。私のところのチームでは、あまりキーワードがなく、作戦をたてるのがとても難しかったです。みんなで協力して意見をまとめ、いい討論ができたと思います。とてもいい経験になりました。

▼私の班は残念ながら負けてしまいました。もう少し自分たちの目線で考えたらいいと思いました。また、文をまとめることができなかったのでわかりづらかったのかもしれません。次回、またやるようならば今回のことに気をつけてやりたいと思います。

■人の意見を聞くのも大事、自分の意見を言うのも大事。だけど、「自分の意見を持つ」ことがいちばん大事。自分の頭で考えてますか。君の意見は、本当に自分の意見ですか。そんなことを問いながらのディベートでした。またやらないといかんかなぁ。自分の頭で考えずして、民主主義は成立しないかもね。

#25 悪魔と天使の間に… 

 期末試験終了しました。期末試験の最終日、午後が空いているのは、遊ぶためでもなければ部活するためでもない。試験の見直し・復習用に空けてあるのです。そういう意味では、テストはまだ終わっちゃいないね。

▼今は、不安と喜びだけです。テストの結果がどうなっているのか…という不安と、テスト10科目を終わらせた喜びしかありません。

▼期末考査の期間は、すごく長く感じました。だけど、その時に勉強したことが、身になっていて、テストでは、すらすらと書けたところもあってうれしかったです。またこれからは、学年末テストに向けての準備だと思うので、しっかりと授業もききがんばりたいです。

▼スピードと勉強が足りなかったと思っています。最後の問題まで解けきれなかったり、分からないところが何個もあったので、復習しようと思いました。英語が特に苦手なので、直そうと思います。次のテストに向けて、今後勉強を頑張ろうと思いました。

▼やっと終わったーという開放感と、とりあえずひと安心。テスト返しも終わってひとまず落ち着いたら遊びまくるつもりです!試験の結果については全体的にはいつも通りくらいだと思います。次はいつも以上を目指して今以上に勉強をがんばりたいです。

■テストが終わった直後の感想なので、まあ緊張感と開放感が多少漂っていますが、結果よりもむしろ努力できたかどうかだね。この欄で何度も書いてきたと思いますが、点数や順位よりも、自分の歩んだ道筋をこそ問いたまえ。と、ケネディ風につづってみました。

#24 ダーク・ゾーン 

 いよいよ試験期間に突入しました!師走を前に、先生方も走る日々が…来ていません。まあ生徒も先生も、腰を落ち着けて、じっくりといきましょう。

▼前の中間試験がたるほど悪くて親にめっちゃ怒られたので、今回は前よりも良い点を取りたいです。前の試験の時よりは勉強していると思うので、本番で実力が出せるようにしっかり対策したいです。

▼期末では、自分のだせる力を全部出し切る位勉強したいです。特に私は社会が苦手で覚えていないあやふやな位を質問して覚えたいと思います。電車通学だから、電車の中で覚える英単語を少しでも多くできるようにがんばりたいです。

▼前回は色々訳ありでとても勉強しました。すると良い結果が出ました。前回のテストで努力は実る者だと分かりました。その経験を生かし、期末ではさらにいい結果を出したいです。

▼この連休に体調を崩してしまって、テスト勉強のスタートが遅れてしまいました。今週でなんとかしたいです。特に理科をがんばりたいです。テストが終わったら、クラスマッチ→終業式になるので、2015年はほんと短かったなぁって気が遠くなります。

■今回は冬休みを賭けてのテストになりますんで、生徒諸君も気合いの入り方が違う…のかな?いずれにせよ、気合い入れてる奴はもう入ってるぞ?やる気スイッチは、自分で入れるべし。

 

#23 夜を蹴ちらせ 

 すっかり陽が短くなってきました。今週は合唱コンクールと期末テストに挟まれて、秋の夜長に日常を見つめ直す週になりそうです。最近、何か変わった事はなかったですか?

▼最近、体育がある日に雨が降るので、20分間走をやる回数が増えています。でも、1学期やったときよりも体力がついてきていると思います。目標にしている人がいるので、20分間走のときに、ついていけるようにがんばります。

▼前までは勉強なんかどうでもいいと思っていたけど、最近は勉強しないといけないと思いはじめた。
▼テストへの危機感が、一学期のテストの時に比べて高くなった。
▼期末の勉強を少しやり始めたことです。期末テストも近づいて、危機感を感じているし、勉強しなきゃ行けない強化も多いからやってます。

▼家が変わりました。引っ越しました。自分の部屋ができたので嬉しかったです。
▼朝や放課後に行っていた歌練習がなくなったのでもの足りない感じがしました。
▼自分の部屋や持ち物等片付けをすることで見つかるもの等もありました。
▼ペットの毛がふわふわもっさりになった。

▼私は今までいつも朝起きるのが遅く、遅刻しそうになったこともありました。でも、部活の朝練に行くようになってから、早起きできるようになりました。"遅れないように"と早く起きる週刊がついたおかげで、朝練が無い時も起きれるようになりました。

■大昔、連絡ノートに「今日は何もない一日だった」と書いたら、担任の先生に「そんな日があるだろうか?」と返事が返ってきた事がありました。確かにその通り、ある生徒が全く同じことをHR日誌に書いてきたので、同じことを書いて返しました。日々是成長。ほんの少しでいいから、今日何かを得て、明日を迎えないといかんです。

#22 燃えろ栄光 

 合唱コンクール、無事終了いたしました。どのクラスも甲乙付けがたい出来でしたが、結果は1組が最優秀賞獲得。しかし、何度も記すように、クラス対抗の合唱は、芸術性が全てではない!歌声は、空に届いたかなぁ。

▼他のクラスのレベルがとても高く、曲もいい歌を選んでいたので、「あ、もう1組の負けだな」と思っていたら、ひょっこり1位に入れたので、とても満足しています。今回はとても楽しく歌えたので、また来年も新しいメンバーで楽しい合唱をしたいな、と思っています。

▼本番前日は、読書の時間をけずって練習しました。また、電車の便を1便はやくして、学校に来ました。練習では、みんなが、なおしたらいいところを言い、素直になおしていたのもあり、みごと優勝できました。合唱コンクール、たのしかったです。

▼1組の自由曲は他のクラスとふん囲気がかなり違うので、練習するときもわからないところがいろいろありました。でも優勝できたのでよかったです。他のクラスとふん囲気が違うということが長所になったんじゃないかと思います。

▼毎朝、練習してきて、当日、何度も会わせてうたい、そこで勝ち取った最優秀賞というのは、とても良い、価値のあるものだと思いました。他のクラスが、どのくらい練習したかということはよく知りませんが、負けないという気持ち、優勝を勝ちとるという気持ちでとりくんだので、他のクラスに負けていないと確信しています。

■オトナになるとね、カラオケで陶酔するくらいしか、歌う機会ってないんだよね。仲間たちと大きな声を合わせて歌う文化が、かつて確かに存在したはずなんです。歌わされる歌には注意しなきゃいけないけど、自分たちで声を合わせる歌は悪くないよな。イーグルスも「We would sing right out loud, the things we could not say」て歌ってるんだから。みんな、歌を忘れずにね。

#21 出番だデバン! 

 いよいよ来週は合唱コンクールです。スポーツカーニバルや平成祭以上に熱いイベントだと個人的には思うのですが、クラスで団結して、歌う準備は万全でしょうか?合唱コンクールにかける意気込みを語っていただきましょう。

▼合唱コンクールではみんなで団結して歌う事が大事です。しかし、このクラスは団結してなにかをやることができます。なので、本番ではいつもどおり歌ってたっせい感などをあじわいたいです。

▼一番初めに自由曲を歌ったときは、"大丈夫かな"と、とても思いましたが、練習をくり返すたびに上手くなっていき不安が少なくなっていきました。団結すると他のどのクラスにも負けないので本番まで一生けんめいれんしゅうしたいです。最初の合唱コンクールなので悔いなくがんばります。

▼昨日から、朝練を始めました。始めは音程もリズムもみんなバラバラで、クラスのまとまりがなく、正直に言ったらやる気がありませんでした。しかし、他のクラスの歌声を聞いていると、「このままじゃダメだ」「自分たちならもっとできる」と思いました。

▼合唱ではクラスみんなの気持ちを1つにして笑顔で力強く歌いたいです。勝つことができなくても、悔いの残らないように一生懸命歌えたと思えるようにしたいです。そのために、コンクールまでにたくさん練習をしてみんなとの絆を深めようと思います。

■「顔に笑いを、唇に歌を」。歌を歌うのは誰のためでしょうか。綺麗なハーモニーを響かせ、芸術的に価値の高い合唱を作り上げる…。合唱部ならばそこを目指すべきかも知れませんが、クラスの合唱はまた違うと思うんだよね。歌を歌う、全員で大きな声を出す…それでいいんじゃないかな。完成度が低くても、みんなで歌を楽しもうよ。それって素晴らしい体験だと思います。例え芸術的じゃなくても。

 

#20 空の贈り物 

 天高く馬肥ゆる秋、スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋…まさしく秋ですねぇ。11月初めの3連休、良くも悪くも学校に慣れる時期、生徒諸君はどう過ごすのでしょうか。あんがい宿題が多いようですね。

▼最近まとまった時間がとれなかったので、長く勉強をして、息抜きも楽しみ、良い三連休を作り上げたいと思います。

▼折角の3連休なので、たくさん遊びたいと思います。でも、宿題は忘れずに提出したいです。ゆっくり体を休めて、リフレッシュして学校に来られるようにしたいです。

▼まず、部活の道具を買いに行きます。そして、インフルエンザの予防注射をします。後、考査は11月末となるので、早めのテスト勉強をしたいです。

▼小学校のときに私も入部していたコーラス部の大好きな合唱を聴きに行きます。また、美しい日本語暗唱コンテストがあるので、全力を尽くしてきたいと思います。そして、毎日頑張ると決めていることは「勉強」です。苦手なものが多すぎる自分・できないものが多すぎる自分を、努力してできるようになる自分に変わりたいと思います。

■生徒諸君の「現在」は、大人の「過去」からつながってきてるんですよ。そして、生徒諸君の「未来」は、大人の「現在」のためにあるわけじゃないんですよね。芸術も、読書も、スポーツも…「未来」のための「現在」になっていればいいんじゃないですかね。「現在」のための「現在」ではいけないんでしょうね。

#19 電光石火作戦 

 平成祭での全員合唱も(たぶん)無事終わり、日常が戻りつつあります。1年生諸君にとって、初めての平成祭はどうだったでしょうか…と、珍しく歳時記調にまとめてみました。生徒諸君の感想をどうぞ。

▼私は図書委員だったので、ほぼ毎日残って準備をしました。会場ができあがった時はとても嬉しかったです。2年生や5年生のクラスの出し物、3年生の論文も見て回り、4年生の食品も食べました。来年の参考になったと思います。全体会からとても楽しく、来年からもすごく楽しみです。

▼初めに2-2のところに生き、入ってみると、先生の顔がいっぱいあって驚きました。女装している人も出てきて、とてもおもしろかったです。風船のところでは初めてあんなにたくさんある風船の中で遊べて楽しかったです。

▼合唱が上手にいくか心配でした。でも、上手にできたので良かったです。5年生たちの合唱で、自分たちよりも少ない人数なのに、大きな声が出ていて、すごいなと思いました。

▼第一部の合唱では、初めて時の扉の3部合唱を全校の人の前で歌いました。最前列のセンター付近が立ち位置だったので、とても緊張しました。なるべく口を大きくあけて、目もひらいたつもりなので、声が案外よく出ました。失敗しなかったので、良かったです。

■特に2年生と4年生では、直前の準備のころには毎年狂騒状態が生まれるわけですが、まあそれも文化祭の良いところ。合唱だってそうだけど、本番より準備の方が楽しいんだよね。ビューティフル・ドリーマーですよ(分かる人だけ分かって下さい)。

#18 青春の星 ふたりの星 

 いよいよ平成祭が近づいてまいりました。「初めて」と相対する時、人はみな戸惑いつつも期待に胸を膨らませる…などという大げさな話ではないですが、平成祭を前にした生徒諸君の意気込みでございます。

▼私が楽しみなのは、友達と一緒に色々な企画をまわることです。初めての平成祭なので、先輩方がいろいろなことをしているのを見てどんな企画があるのか楽しみです。でも、私たち1年生は、「時のとびら」の合唱もあるので、緊張します。

▼私は吹奏楽部なので演奏します。部活で夜7時まで残ってたくさん練習しました。その成果をはっきして楽しく演奏したいです。そして、学年で時の扉の三部合唱をするのが楽しみです。

▼ダンスです。たくさんの知っている人の前でひろうするのは初めてだし、楽しいダンスや暗いダンスなど個性豊かなので楽しみです。先輩のダンスを見るのも楽しみです。

▼スキットを発表するということが楽しみです。昼休み、毎日練習してきた成果を、平成祭という場で、発揮したいです。他の人が発言した内容に、リアクションを自然につけられるかどうかということが不安です。でも、最後までやりきりたいです。

■第1回目の平成祭はもう11年も前のことになります。あの頃と今では、平成祭も学校も随分と様変わりしました。「文化」の意味を確かめながら、決してお遊びではない「祭」を、例えば生徒諸君の歌声で創っていって欲しいものです。コインを振りながら、そう感じたりしてね。

#17 栄光は誰れのために 

 テストが終わり、学校説明会の準備へ向けて学校も大わらわ(というほどじゃないですが)、生徒諸君は見直しに大わらわ(というほどじゃないでしょうけど)。ところで、最近カメラを向けるとみんな逃げますね。この程度の使われ方なんですけどね。というわけでテストの感想をご覧下さい。

▼自転車で通学しているので信号待ちをしている時に何もしなかったらもったいない。なので、待っている間だけ漢字や百人一首を小さい声で読んで、覚えようとしていました。そしたら、少しずつ覚えることができました。

▼百人一首と漢字が良い点でうれしかったです。頑張ったかいがありました。この嬉しさをほかの教科でも感じたいです。そのためにテスト勉強を1つ1つ丁ねいにやりたいです。

▼テストの点が返された時、「勉強したかいがあった!」ということと、「もう少しここを勉強しておけばよかった!」という両方の心の心情があったので、こんどこそは「勉強したかいがあった!」という心情だけになりたいです。

▼テストが返ってきたときに「うれしい」と思いつつ、「勉強はやればできるのだな」と思えました。次のテストもまたがんばって良い点数が取れるようにしていきたいです。

■さて、努力はできましたでしょうか。そして、目の前の難題から逃げなかったでしょうか。いくらでもチャレンジできる年齢で、逃げることを覚えちゃあいけませんよね。本当に逃げられない時が、人生にはいつかやってくるわけだからね。悲喜こもごもの試験返却でした。

#16 うたかたの… 

 いよいよ中間テストに突入しております。勉強しながら、掃除しながら…そして遊びながら、のテストです。生徒諸君の意気込みをどうぞ。

▼今回の中間テストでは悔いのないように、しっかりと準備をしていどみたいです。また、部活で朝勉を継続してやってきたのでテストではやってよかったと思えるように勉強していきたいです。

▼前まで私は、勉強がとてもきらいでした。でも最近、勉強がきらいじゃなくなってきました。前よりも記憶力(覚えるのが)いいからかもしれません。三日間まじめに頑張って、いい点取れるように頑張ります!

▼私は課題テストで、あんまり点数がよくなかったので、今回の中間テストはなまけず、一生けん命したいです。最近の生活は、授業中も集中してうけれるようになりました。

▼テスト期間に入ってゲームなど自分の勉強をさまたげるものを親に預けて、テストに向けてしっかり勉強できるようにしました。11時には寝て早く起きてできるだけ身になる勉強をして、テストでいい点数を取れるようにしたいです。

■テストの結果とかはどうでもいいんですよ。試験に向けて努力できたのかどうか。勉強をテキトーにやって、点を取ったって自分を甘やかしてるだけだもんなぁ。手を抜くことを覚えてしまったら、もうあと戻りできない、と覚悟すべし。どこの世界でもそうです。

#15 宇宙からの贈りもの 

 連休も終わりまして、いよいよ試験期間突入、の前に連休の思い出でも聞いてみましょうかね。学校より楽しかったろうね、当然。

▼土曜日の午後から卒業した小学校の運動会を見に行きました。久しぶりに小学校の頃の友達に会うことができ、たくさん話したり、一緒に写真をとったりしました。私の大好きな友達や先生に会えただけでとてもいい休みになったかなと思います。

▼家のそうじをしました。めったに無い連休にそうじをしないと、する時間がないのでしました。旅行などで休日を過ごすのはとてもいいけど、生活面をきちっとするのもいいなと思いました。

▼私の連休の思い出は敬ろうの日に花束をプレゼントしたことです。家に帰ったら、祖母が電話をしてきました。プレゼントをしてよかったなと思いました。来年もプレゼントしたいです。

▼私の思い出は家族みんなが「和」になったことです。お父さんは土日、ほとんどお仕事で詰まっているので、みんなが楽しく笑ったり話したりすることができたので1つにまとまった感じがしました。

■連休中に鉄道で旅に出てみると、有名人と乗り合わせることもありました。とにかく、日常の存在に逆に気づくあたりが、おやすみの有り難いところ。あとは日常へ戻るだけ。

 

#14 美しきチャレンジャー 

 いよいよ連休に入りますね。ゴールデン・ウィークとかシルバー・ウィークとかの言い方はキライなので、大型連休。いや、そんなことよりスキットコンテストですよ。

▼決勝コンテストではみんなセリフをアレンジしていてセリフをばっちり覚えていて、決勝に進む人はやはりすごいな、と思いました。特に、入賞した人はオリジナリティーがあったし声も大きくハキハキしていたのでお手本になると思いました。

▼MCだったので、とても緊張しました。少しまちがえたけど、とても楽しかったです。発表したグループはとても上手くおもしろかったです。表現のしかたが人それぞれでおもしろかったです。

▼決勝コンテストでは、各クラスの一番上手な人たちだったのでとても勉強になりました。あるグループでは、みんなの表情が色々あったり、リアクションが大きかったりして、とてもおもしろかったです。その中でも、わざと、名前をまちがえたようにしたりしているのもすごいと思いました。

▼スキットコンテストで優勝できてうれしかったです。しかし、まだ自分は発音などがうまくなかったので、もっと練習しないといけないな、と思いました。

■スキットコンテストは開校年度以来の行事。時代が進み、最近はなかなかこういう企画が生まれにくいのも事実です。しかし、勉強を面白がる姿勢は大事だよなあ。楽しくないのに物事って続かんもんなぁ。笑顔があるかないか…どんなものでも、そこらへんがバロメーターなんでしょうね。自戒したいものです。

#13 姿なき挑戦者 

 もう何だか大変なことになってきましたが、先週末のスポーツカーニバルの感想を聞いてみました。カーニバルにおける1年生の写真は諸事情により載っけておりませんが、なぜかカメラを避ける生徒諸君の様子でご勘弁を。

▼初めてのスポーツカーニバルだったけど想像してたよりも超楽しかった。小学校の時よりもチームで一丸となって協力し合いながらすることを意識してがんばれた。また、学年種目だけでなく、1~6年選抜の種目もあり、上級生との関わりを広げられたと思う。

▼小学校の時の運動会に装飾が追加されたぐらいかと思っていたけど、小学校の時より競技のレベルが上がっていて、騎馬戦が全学年参加だったりしていたので生き残るのが大変でした。今年は2位だったので、来年はどこのチームになるか分からないけど、1位をめざしてがんばりたいです。

▼パフォーマンスや装しょくが小学校の時には無かったので、とても盛り上がることができました。ダンスの練習や応えん旗の政策など、思い出に残ることがたくさんありました。来年は、パフォーマンスか応えんに行きたいので、体力作りをしておこうかなと思います。

▼初めてのスポーツカーニバルでは、凄くドキドキしました。自分の種目では、一番最後のリレーを頑張りました。バトンをもらったときは、一番とけっこうはなれていました。けれど、全力を出して走ると、一番の人をぬくことができ、うれしかったです。この一日がすごく楽しい一日になりました。

■カーニバルが明けると、そこは日常だった‥はずなのに、非日常と言いたくなるような状況が押し寄せております。「祭りは終わった。後には何も残ってはならない」。別のコーナーで何度も引用した言葉ですが、まあ終わらざるを得ないかな、こうなると。ともあれ、皆さんお疲れ様でした。

#12 消された時間 

 すでに補習が始まってますので、夏休みもまあ終わりです。みんなの夏休み、それぞれの思い出を尋ねてみました。

▼福島に、「きせきの一本松」を見に行きました。本当に、松が1本だけ残っていて、周りには震災でくずれたたてものがありました。地震とつなみのこわさがよくわかりました。

▼僕の夏休みの思い出は、部活の練習試合で道後中学校に行ったことです。先輩たちが試合をしたときには、勝ったり負けたりしました。でも、一年生が試合をしたときにはほとんど負けなかったので、楽しかったです。

▼夏休みの思い出は山に墓参りに言ったことです。山奥だったので、イノシシがでてきたらどうしようと心配していたけど、やっぱりでてきませんでした。お墓の数が多かったです。

▼今年は、家族で旅行には行かなかったけれど、友達と遊ぶ機会がありました。小学校の友達とも再会できて、遊ぶことができました。その友達が、前よりも大人っぽくなっていたので、とてもびっくりしました。

▼夏休みだから、毎日だらだらしていたら、あっという間に夏休みが終わりましたが、夏休みの宿題がまだ終わっていませんでした。最後の日は宿題を夜中の3時までしました。初日の学校はとてもしんどかったです。

■終わっちゃいましたねえ。みんなには来年も、再来年も夏休みが来るんだけど、一生のうちで本当に楽しい夏休みってあと何回かなぁ。自分が本当に見つめたいものを、逃さずに見つめられたかなぁ。ナツアカネの飛ぶ風景は、大人になったら見えなくなるかも知れませんよ。

#11 大爆発五秒前

 燃える真っ赤な太陽、おうおうおう、あれこそは大熱時。前期補習も終了し、いよいよ来るは夏休み。短い夏が通り過ぎてく、そんな日々です。

▼私は今年の夏休み、初めて海外に行きます。そのことが決まった時、英語があまり話せない自分が本当に行っていいのだろうかと不安になりました。しかし、今は違う世界を自分の目で見たいという期待が胸いっぱいにあります。

▼部活が多いので部活を頑張りたいです。宿題も多いので、少しずつ進めていきたいです。少し休みの日もあるので、家族との時間を楽しみたいです。夏休みの三週間を有効に使っていきたいです。

▼私はミュージカルが好きなので、劇団四季か、宝塚を観劇したいと思っています。宝塚はまだ見たことはないけれど、劇団四季は『ライオン・キング』を見ました。とても迫力があり、歌もダンスも上手でとても感動しました。

▼私は、夏休みは計画的に勉強して宿題をためないように気を付けようと思っています。あとは、もうすぐいとこが大阪に行ってしまうので、たくさん遊んで思い出を作りたいです。8月にはいとこと日帰りでどこかへ行こうという話になっているので楽しみです。

■暑いし、宿題はあるし、畑のとんぼもいなくなっているのに、それでも待ってる夏休み。そんなもんですよ。学校で教わること以外にも、夏の夕立や蝉時雨が教えてくれることって、けっこう大事だなぁ。きれいな空気を、たくさん吸ってきて欲しいものです。

#10 無限へのパスポート

 台風一過、ようやく終業式も終わり。来週から夏期補習です。夏休みなのに休めない中1生、なんかかわいそうですな。

▼1学期を振り返ってみたらとてもあっという間にもう夏休みでした。夏休みは小学校とちがい毎日補習があり大変しんどくなりそうですが、勉強やスポーツを熱心にしていきたいです。

▼1学期を振り返って僕はクラスマッチが一番楽しかったです。部活動では総体で一年生から出場できて、負けたけれど、夏の選手権では県体会めざしてがんばりたいです。夏休みでは、あいている時間でキャンプなどにいきたいと思っています。

▼一学期、いろいろなことがありました。慣れない50分間授業、多忙な日々などです。けれど毎日をそれ以上にじゅうじつに送ることができました。夏休みでは、勉強も少しだけ遊びも両立できるようにがんばりたいです。数検もあるのでがんばります。

▼1学期は、まだ学校に慣れてませんが、友達がたくさんできたのでとてもうれしくおもってます。夏休みには、最初のほうで宿題を終わらしといてから、海に行ったり、プールに行ったり、旅行したり、東京に行ったりと、中学校生活初めての夏休みなので、ガンガン楽しんでいきたいです。夏休みがとても楽しみです。

■蝉の声も烈しくなってくるんだろうなぁ、これからは。大人にとっちゃ、たかだか○十回目の夏に過ぎないですが、彼らにとってはようやく13回目の夏。ティーンエイジと強い陽射しは、まだ始まったばかりなのです。

 

#9 悪魔はふたたび

 いよいよ期末テストです!どれだけの気魄と、どれだけの挫折がここまでにあったことでしょう?もちろん受験勉強に比べりゃ試験勉強なんて…といっては怒られますが。

▼期末テストは、10教科あるので、中間考査よりも難しくなると思うけれど、あきらめずに努力して、努力した結果が点につながるようにしたいと思います。まだ不十分な教科もあるので、他の教科よりも勉強してテストに望みたいと思います。

▼まだあまり課題も終わってないし、すごく不安です。目標点はとれるようにして、みんなに負けないようにしたいです。明日はテスト初日なので、きんちょうせず、自分の力をはっきできるようにしたいです。

▼中間テストはぼろぼろぼろで、かなりひどい現状なので期末考査は予習・復習をしっかりしてとりくみたいです。次からのテストのはげみになるようにきんちょうかんを以て、テストにのぞみたいと思います。

▼平均点を中間考査以上にするというぼくの目標は、難しい事だと思っています。その目標に見合った勉強をきちんとできたかは結果に出ると思うので、試験中に「今まで勉強してきたからできる」と言い聞かせて受けたいです。

■危機感はみんな大きいようだねえ。しかしだな、試験前夜に遊んだり、爆睡しちゃうのは危機感が欠けてるからじゃないんですよね。それは意志の問題なのだと思うのです。勉強しなきゃ、って本当に思ってたら、遊んだりできませんて、そりゃ。生徒諸君の検討(健闘じゃないよ)を祈る。

#8 星空に愛をこめて

 またしても更新の間が開きまして申し訳ございません。テストも近いですが、先日の道徳で「名前」について生徒諸君に考えてもらいました。生活の様子も含めてどうぞ。

▼私は自分の名前が気に入っていないけれど、親からの最初のプレゼントだし、世界で1つの名前なので大切にしなくてはいけないと思いました。少しだけ自分の名前が好きになれました。

▼よく考えると、自分の名前は世界に一つで、世界でただ一人の親に付けてもらったすばらしい名前だということが歌の歌詞に入っていて、自分の名前を見直しました。

▼名前は、いろいろな見方をして、いろいろ考えて母や父が一生懸命作ってくれたから、一生大切にしていかないといけないと思いました。そして、これからは、すごく名前を大切にし、子供ができて名前をつけるときは、いろいろ考えてつけてあげたいです。

▼私は、名前の由来を母に教えてもらってから、自分の名前にほこりを持てるようになりました。名字は変わるかもしれませんが、下の名前とは、一生、自分と向き合って付き合っていけるわけです。私は、下の名前=かたちの無い、両親がくれた人生初の一生のプレゼント と思っています。これからも、名前を大切にしたいです。

■愛情の表現方法にはいろいろあるでしょうし、親に反抗心を抱く年頃でもあるでしょう。しかし…自分の名前をふと呟けば、きっと分かるさ親の愛。そんなことを伝えたくて、道徳の授業で「名前」について考えてもらいました。ぜひ、ご家庭でも、一人ずつ一つのビューティフル・ネームについて話してあげて下さい。

 

#7 プロジェクト・ブルー

 ずいぶんと更新の間が開きまして失礼しました。いよいよ今週末はオープンスクールです。1年生諸君は全員での校歌斉唱(ご披露)を行います。学校の一大企画、練習に余念がありません。意気込みを聞いてみました。

▼本番、たくさんの人の前で歌うことは多少緊張するかもしれませんが、先生達のアドバイスをもとにして、大きな声でしっかりと歌うことを目標にして頑張りたいと思います。そして、校歌に込められている思いを考えて会場の人々に届けたいと思います。

▼お客さんに良い印象をつけられるよう一年生として頑張りたいです。自分は発表する側としては初めてで、昨年の先ぱい方の発表に負けないぐらい自分のせいいっぱいの力で頑張りたいです。

▼私は、オープンスクールでピアノのばん奏をすることになりました。歌練習の時、いつも思う事がありました。みんな、一生懸命な所です。ここは19期生が一番だと思います。なので本番もがんばりたいです。

▼初めは、ここの校歌すっごく難しいなぁ、覚えにくそう、と思ってて、半分あきらめてました。でも、初めて練習した時、みんなの歌声で、やっぱりあきらめたらだめだと思いました。最近、全然歌を歌っていなかった「かん」がめざめて、今ではこの歌が好きになりました。

■うたを歌う…それはいにしえより、人々が親しんできたこと。みんなで歌うことの素晴らしさを、まずは味わってみよう。Sing, sing a song...誰のためでもなく、まずは自分のために歌ってもいいさ。それが大勢の人の心に届くとしたら、こんな素晴らしいことはないんじゃないかな。

#6 夢みる勇気

 6月が始まりました。暑くて厚くて熱い夏がもうすぐそこに。夏風邪引いてヨレヨレですが、元気いっぱい生徒諸君の6月の抱負を豊富にどうぞ。

▼6月は5月よりもたくさんの「初めて」を経験できる月だと思ってます。そして、5月に学んだことを日常の生活でもいかしていきたいです。

▼すっかり学校にも慣れました。一年生だからしょうがないと少し許されてきた部分もあると思いますが、それに甘えず自分に厳しくがんばっていきたいと思います。

▼4月の終わりごろ、学校に慣れ、本格的な学校生活が始まったような5月になりました。でも、その「慣れ」が「油断」になり、きちんとしたけじめが自分の中でついていませんでした。気を引きしめて、けじめのついた学校生活のスタートに、6月はなるといいなと思います。

▼もうそろそろ2ヶ月がたとうとしています。最初は、希望と不安を胸に過ごしていましたが、初めは1人だった友達がだんだんと増え、毎日がとても楽しい時間です。これからもいろいろな行事などがあると思うので、みんなで協力し合いがんばってじゅうじつした日々をつくっていこうと思います。

■6月なのに暑いですなあ。いやホンマにね~、ホンマにホンマですわ。生徒諸君も白い夏服に切り替わり、あの空の雲のように可能性を追いかけて行くんでしょうね。しかし、一天俄にかき曇り…みたいなことにならんようにね。六月は曇天も付きものですから。

#5 空間X脱出

 中間テスト終わりました!テスト返しも佳境に入っておりますが、直前、彼らの心境やいかに。

▼正直、勉強をしいられる毎日というのは苦痛でしたが、その分自分ができていなかったことも気づきました。やろうと思えばできることを「いそがしいからできない」と決めつけていることもたくさんありました。やるべきことはきちんと毎日やっていきたいです。

▼また、入試が戻ってきたような感じがしたけど、しっかりと勉強をすることができました。今回のテストよりもどんどんと点数を取れるようにして、いつも、テストの結果が前進している状態にしたいと思います。

▼初めての中間考査だったから、きんちょうした。課題がとても多いな、と思ったけど、テスト勉強だったし、これからもっと多くなると思ったから、課題をするやる気が出た。これからも、たくさん勉強して、目標点にむけてがんばりたいです。

▼試験を終わってみて、すっきりと同時に少しくやしくなりました。くやしいのは、時間がなく、書ききれなかったものや、後から考えると、解けた問題などがあったからです。期末テストでは、落ち着いて、ペース配分を考えて解いていきたいです。

■そうなんですよね、これからなんですよね、テストって。初めての試験は緊張しても、人間というのは何にでも慣れてしまうものです。「はじめて」の気持ちは、永久に保ち続けたいもんですね。次のテストまであと40日(5/21現在)!!

 

#4 熱波襲来

 さて、いよいよ中間テストが近づいて参りました。今回は、19期生諸君のテストに向けての意気込みを聞いてみました。頑張ってる者は頑張ってるぞ?!

▼私にとって、初めての定期試験で、どんなものかなと興味がわく反面、点数がひどかったらどうしよう…と不安でもあります。けれどしっかり試験勉強をして、不安ができるだけない状態にして、初めてのテストでいいスタートをきりたいです。がんばります!

▼人生初の中間考査でわくわくするけど、不安でもあります。国語では、日ごろから読書を心がけ、読解力をきたえ、英語では毎日発音練習をしています。いい結果が残せるようにがんばりたいです。

▼人生初めての中間テストなのできんちょうしていますが、自分が持っているすべてを出してくいなくおわりたいです。

▼自信のないまま受けるのではなく、自信をもてるぐらいの勉強をしてから、油断を絶対にしないようにして、万全の状態で臨むことができたら良いなと思います。また、それで自分の目標を達成できるようにしたいというのが僕の考えです。

■試験を楽しみにしているという声が多くて、案外そんなもんなんだなあ、と、数十年前の初テストを思い出した私です。試験前だからって、友達と遊んどる余裕なんてないんでしょうしね、今時の中1生って。

#3 光を継ぐ者

 入学してから1ヶ月、このひとつきを振り返って、生徒諸君の感想を聞いてみました。写真は特に関係ありません。ここ数日の風景です。

▼入学当時は知っている人が10人もいなくて、友達ができるか不安でした。でも、勇気を出して、色々な人に話していくことで、今、とても仲の良い友達に出会えることができました。

▼一ヶ月たつと部屋の場所などもだいたいわかってきたし、部活のかり入部もしてだんだんと生活になれてきました。勉強もほんかくてきになってきて教科もふえたので大変だけどこれからがんばっていきたいです。

▼ここ1ヶ月、学習合宿などもあって疲れてはきてきましたが、授業も楽しいし、今までよりもさらに慣れることもできました。1日1日、校長先生の言っていた記念日もつくっていき、しっかりとがんばっていきたいです。

▼私は入学してから毎日、校長先生に言われた通り「記念日」を探しながらすごしました。すると、初めて友達と話した『友達記念日』、初めて部活の見学をした『部活記念日』、「ありがとう。」と言われた『ポカポカ記念日』など、たくさんの記念日をつくることができました。

■この1ヶ月間の新鮮な感動が薄れ、「タノしむ」努力を忘れ、「ラクする」ことを覚えるようになるものです。そこを踏みとどまって「楽しい」ことと「楽する」ことの違いの分かる中学生になってほしいものです。

#2 虹の卵

 学習合宿から帰って参りました!!
 今回は、生徒諸君の感想と、活動の様子を、ほんの一部ご紹介いたします。

 学校や家ではなくて、慣れない場所での勉強はしんどかったけど、適度なきん張感をもってすることができました。今まで話したことのなかった他のクラスの人とも話せて、友達が増えたこともうれしかったです。

 入学してから、生活リズムがくずれていた私は、この合宿で少し生活リズムをもどすことができたと思います。また、講話の時間に先生が話をしていただいて、遠足で実せんしてみるとおもしろかったので今後もつづけたいです。

 私は、学習合宿を終えてたくさんのことを学びました。一つめは、「自分でできることは自分でする」ということです。二つめは、「自分勝手な行動をしない」ということです。今回の学習合宿では、人として大切なことを学び、また、クラスメイトとの友情も深まり、思い出に残る経験になりました。

 この学習合宿において経験したことは、全て、自分にとって大いにプラスになったことしかありません。集団行動で、大きな声を出せば、元気が出て、気持ちがいいこと。教育センターで、科学の奥深さを知ったこと。先生の講話で、友達を大切にしないといけないのを、深く知ったこと。これからは、それを生かしてがんばりたいです。

 合宿を終えて、改めて時間を守ることは大切だと思いました。最初はあまり時計を見ていなかったけど、2日目、3日目と時計を見ることが増えて、時間におくれることがなくなったのでとても良かったと思います。

 天候にも恵まれ、楽しく過ごすことも多かったと思います。学習時間も、生活時間も、遠足で行った動物園でも「考える」ことをベースにした行動ができたかどうか? あいさつなど、まだまだ不十分なところも多いけれど、ここからみんなで成長していこうね!

#1 あなたはだあれ?

 お待たせしました。「1年生のあしあと」平成27年度版のスタートです! 1年生諸君の思いと様子を、このページを通じて不定期でお届けいたします。長いようで短い1年間、彼ら19期生の成長と奮闘を、どうかご覧下さい。
 さて第1回は、あるクラスの生徒諸君に聞いてみた「入学後1週間ほど終わってからの感想」と、昼食時の光景でございます。

 入学式の日はやっぱりきんちょうしました。この1週間、はじめての授業、ようこそ集会などいろいろなことがありましたがすべてとても楽しかったです。

 入学式当日はとても緊張して、クラスの人と喋ったりもできなかったし、クラス全体の雰囲気が固い感じがしたけど、今では話せる友達もできたし、先生の授業も面白くて分かりやすく、学校生活がとても楽しいです。

 本格的に授業が始まるまでは中学生の授業ってすごく大変そうでついていけなくなるかもと思っていましたが、進め方は小学生とそこまで変わらなくてホッとしました。これからの学校生活が楽しみです。

 一番成長したと思うことは、自分から声をかけるようになったことです。入学式の日は知らない人たくさんいて、不安ときんちょうでいっぱいだったけど、じょじょにいろんな人に話しかけれるようになりました。

 始まったばかりの頃の思いは、最後まで大切にしてくださいね。それが皆さんにとって、かけがえのない財産になります。

2014年度履歴は,こちらへ。