実習生日記 2017

12 × ~実習生として、先輩として~

実習 The Final

・本日で2週間の教育実習が終了しました。あっという間に終わってしまった。これが率直な感想です。もっと長いスパンで生徒たちの成長を見てみたいと思うばかりです。短い期間ではありましたが多くを学ばせていただきました。HR指導も教科指導も決して納得のいくものではなかったのですが、自分の経験値として少し積みあがったのかなと思います。自分の目指したいところがなんとなくですがイメージできるようになりました。
 先生という立場と共に先輩という立場でもあった自分からすれば、後輩の皆さんには希望と未来があふれています。自分の努力1つ、行動1つで今からでも未来は変えることができますし、成長することができると思います。失敗を恐れず色々とチャレンジしてほしいと思います。成功も失敗も悩みも不安も全部経験してください。必ずそれが皆さんの糧となります。後々後悔しないよう毎日を全力で過ごしてみてください。いつになるかはわかりませんが、見える景色が必ず変わってくるはずです。体調管理はしっかりと。皆さんの今後の活躍を祈っています。2週間本当にありがとうございました。

研究授業

・無事研究授業が終了しました。お忙しい中、ご覧になって下さった先生方、ご指導くださった先生方、本当にありがとうございます。反省点も多く決してうまくいったとは思えませんが、今の自分にできることはできたのかなという思いです。「生徒に考えさせる」というのを目標に掲げ授業実習を行ってきました。日本史の性質上どうしても暗記になりがちです。しかしそれは歴史の本当の楽しさではないと思い、教科書に書いてあることでも自分で考えてみるというのを生徒に伝えたい思いとしてありました。
 実習期間の短さから自分の中でその思いが伝わったという実感はありませんが、生徒の中で何か思うことがあってくれたらと願うばかりです。指導教諭の先生並びに相談に乗ってくださった多くの先生方には本当に感謝しています。自分の経験として大きく、そして重厚な時間を過ごすことができました。あと一日精いっぱい頑張ります。

まなび

・授業実習もほぼ終了し残すは明日の研究授業のみとなりました。
 この期間、指導教官の先生は勿論のこと、それ以外の先生方にもたくさんの指導やアドバイスを頂きました。板書や指名のやり方のような実践的なものから、教育とは?といった目に見えない部分の指導もして頂きました。その集大成ではありませんが、明日の研究授業は自分の学んだことを少しでも生かし、生徒に何かを伝えられるような授業を行いたいです。そのためにもギリギリまで準備を進めていきたいと思います。

アクティブ・バランス

・教科実習ではアクティブ・ラーニングという手法で授業を行っているのですが、クラスの雰囲気をどう作るかというところが難しいところです。今日授業をしたクラスでは、生徒に助けられた部分がとてもあり、積極的に発言をしてくれ、授業をしているこちら側が楽しくなる程でした。昨日も書いたことではありますが、クラスによって雰囲気が大きく異なります。それはそのクラスの個性でもあり、所属している生徒1人1人の個性でもあると捉えています。生徒側に寄せてもらうのではなく、こちら側から寄っていく。いい意味で自由に自分の意見や考えを述べることができる雰囲気を作成する。とても難しいことだとは思いますが、本校の先生方はそれがとても上手いように思っています。経験の差、信頼関係の差など色々ありますが、自分にできる範囲でそのレベルに近づけていけるようあとわずかな実習期間過ごしていきます。

見直し&修正

・今日初めての教科の授業実習がありました。授業するクラスが変わると雰囲気もガラッと変わり面白いと思う反面その変化に対応しきれなかったという思いが強いです。また板書や言葉づかいなど基本的な部分の反省点も多く、個人的には失敗したなという思いです。そうはいっても明日からも授業実習は控えています。今日指導していただいた部分や自分の中での反省など多くありますが、その中でもすぐに反映できるものと経験を積んでいかなければならないものとに分け、すぐに反映できるものを改善して明日の授業に臨もうと思います。

授業を「つくる」

・研究授業の指導案に苦戦しています。こんな授業をしてみたいという思いはあるのですが、「何を伝えるか」という部分で悩んでいます。授業は教師ひとりよがりのものではありません。生徒のためになるものを行わなければなりません。生徒に主体的に考えさせることができればベストだと思います。行う授業の目的を明確にし、その目的を達成するためにどのようなアプローチをしていくのか。時間はあまりありませんが、少しでも良い授業ができるよう色々な方向から指導案作成・教材研究をしていきたいです。

折り返し

・本日で実習期間の半分が終了しました。あと一週間しかないのかと思うと寂しく、もっと多くを学ばせてもらいたいという気持ちでいっぱいになります。また来週からは授業実習が多く予定されており、研究授業も待っています。土日の時間をうまく使って準備は勿論のこと今週の疲れをとって来週に備えます。
 あと一週間、一日一日を大切にそして有意義に過ごしていけるよう頑張ります。

立場をかえて

・本日初めての授業実習がありました。自分が先輩として伝えたいことはある程度伝えられたかなと思いますが、想定していたこと以上に喋りたいことがどんどん出てきて上手くまとめらなかった部分がたくさんありました。生徒からもらった感想を読んでいると拙い授業だったにもかかわらずひとりひとりがしっかりと考え、書いてくれたことが本当に嬉しかったです。
 生徒に助けられた面も多くあったので、授業は教師だけでなく参加している全員で作成するものだと改めて実感させてもらいました。

準備

・明日から授業実習が始まります。最初の授業はHRの時間で、進路についての話をしようと思っています。学生時代には思わなかったけれど、今だから思えるようになったことや、やっておいた方が良かったなあと思うことなどを伝えることができればと思います。
 文系理系という違いは存在しますが、自分の夢に向かって努力する点は変わらないと思うので実習生且つ先輩という立場で話したいと思います。

初SHR

・初めて朝のSHRを任されました。たった5分の時間で伝達事項やプリントの返却などやらなければならないことがたくさんあります。授業とは異なり、必要なことだけを的確に且つ手短に。学生時代は聞き流していたこともあった時間が、立場が変わるとこんなにも難しい時間になるのかと痛感しました。今日はチャイムが鳴るまでに終わることができず、生徒や1時間目の先生には迷惑をかけてしまったと思います。明日からも担当することになっているので実習が終わるころには上手くまとめられるように成長したいです。

実習

・今日は実際に自分が授業するクラスを見学させていただきました。クラスの雰囲気を知ることができたとともに、自分が授業することを考えると不安になりました。この不安をかき消すくらいの準備をしていこうと思います。
 また五年生の総合の時間では、自分の志望校や興味のある大学の資料請求を行いました。ぜひ広い視野をもってじっくりと選択して納得のいく進路を見つけてほしいです。

実習スタート!!

・二週間という短い間ですが本日より教育実習がスタートしました。最初の挨拶からガチガチに緊張して何を喋ったのかすでに忘れてしまうくらいです。やはり在籍していた時とは全く異なり、ついていくので精一杯な一日でした。
 たった一人の実習生ということで残念なのですが、一人しかいないからこそより積極的に、行動的に。実習生として多くを学び、先輩として一つでも後輩たちに何かを伝えることのできる実習にする。この二点を目標に頑張ります!


 今年も実習生の先輩を迎え、2週間の教育実習が始まりました。
 自分の平成校での学校生活を思い出しつつ、控え室では、担当の先生との打ち合わせ、授業見学の記録、指導案のまとめ・・・生徒のときとはまた違った学校生活で奮闘する実習生日記です。
 実習の先生・生徒として、先輩・後輩として、またこの平成校で高め合いましょう。