PTAからのお知らせ

平成26年度 PTA研修セミナー

日時:平成26年11月21日(金)
場所:道後山の手ホテル アルバートホール
講師:宮本美枝先生(本校スクールカウンセラー)
講題:「思春期の子どもを持つ親の役割の変化」

 今年度で5回目となりますPTA研修セミナーが、正岡校長先生、長曽我部PTA会 長をはじめ39名のご参加を頂き、道後山の手ホテルで開催されました。
 講師に本校のスクールカウンセラーとしてご活躍されております宮本 美枝先生をお迎 えして、様々なご経験やお二人のお子様を持つ母親としての視点から、「思春期の子どもを持つ親の役割の変化」と題して、分かりやすく御講話頂きました。


***講演の格子***
  1. 思春期とは、「子ども」から「大人」へ変化するプロセス。
    それにあわせて、親の役割も変化する。
     子どもの思春期は、親の思秋期であり、自分や自 分の親が老いていく時期と重なります。そのような時期は、家庭環境も変わっていく可能性があります。子ども達が元気に育っていくには・・・、「心の成長 は、体の成長に伴わない」ということを念頭に置き、子どもの変化を見過ごすことなく、温かく見守っていかなければならないと思いました。
  2. 思春期の発達課題
    「母親離れ」親子間の距離が変化する。
    「自分作り」大事なことは、モデルになりうる大人が周りにいること。
     思春期に入ると、子供たちは親から離れたいという気持ちが強くなります。そこで、大事になってくるのが仲間関係で、学校の中で自分の居場所があるということ が大切です。子ども達は、教室や部活・同好会などいろいろな組織の中で友達や先輩・後輩、先生方と楽しく過ごせているでしょうか?また、何か悩みがある時 に相談出来る人がいるでしょうか?また、逆に居場所を求めるため、自分が嫌でも人に合わせて辛い思いをしていないでしょうか?ゆっくり自己を見つめて「自 分作り」をしていって欲しいと思いました。
  3. 思春期の子どもを親から見ると、
    「かわいかったわが子が、急に反抗的になり」
    「友達が大事で、家族は二の次」
    「できもしないのに、えらそうなことばかり言う」
  4. そんな子どもから大人になっていく「わが子」とどう向き合うか?
    そのときの親の役割とは何か?
    子どもへの役割期待がずれると親子間で齟齬が起きてくる。
    実は、子どもも親に期待している役割がある。
     思 春期に入り、様々なストレスを感じている子ども達は、反抗的な言動・体調不良(身体過多)・家に帰ってこない(問題行動)などのサインを出してきます。思 春期は、素直になれない、親の期待に応えられない・どうしていいかわからないなど、本当の声に出せない気持ちを抱えている子ども達。私たち親は、厳しい現 実や過度の期待を押しつけることなく、子ども達と向き合っていく事が大切であると改めて感じました。
     “本当に伝えたい時は、ワーワー言わず、声のトーンを落とす” ポイントです。
  5. 大切なことは、思春期の子どもの状態を知っていること。
    子どもが大人になるプロセスを邪魔せず、支援する。
    子どもの試行錯誤を支えるベースキャンプになる。
    困ったときのモデルになる。
    大人の対処法を伝える。
     親は、子どもの居場所である(帰ってこられる)ベースキャンプであるという事が大切です。その為には、親の機能とし て精神的にも元気でいるという事・笑顔でいるという事。「親の元気」が「子どもの元気」につながっている事をいつも心に留めておかなければならないと思い ました。
  6. 思春期の発達課題を取り組む為に必要なもの
    「親からの支援」
    「仲間との一体化」
    「自己愛の高まり」
     思春期は、自己肯定感が一番下がりやすく、揺れ動く時期。自分を守るために強がったり、自分に自信を失くした り・・・。親は、日頃から子どもとコミュニケーションを育てておく必要があり、子どもが触れて欲しくないことには触れない(責めない)ことも大切です。少 しずつ大人になっていく子どもの良いサポーターになれるよう、私達も頑張っていきましょう!
  7. 最終的には、保護するもの、保護されるものの関係が、
    横並びの不完全な者同士の支えあう関係へと変わる
     不完全な者同士(親と子)が支えあえるよう、「無理はしない・無理はさせない」ことが大切です。そうすることで、子ども達は自分の変化を親に伝えてくれるようになり、親子の良い関係が生まれてくると思われます。

 この講演を通して一番心に残っているのは、子ども達が私たち親に求めているものは「元気でいてくれること」「笑顔でいてくれること」「穏やかでいてくれるこ と」。簡単なようで難しい・・・、体の元気は勿論、心の元気がとても大切だと教えて頂きました。親も子も一人で抱え込まず、周りのサポーターと助け合いな がら、日々親子で成長していけたら幸せだと思います。


***宮本先生を囲んでのティータイム***

済美平成校のSHの文字が入ったオリジナルプレート

 各テーブルで美味しいお茶とスイーツを頂きながら、日頃の子ども達の様子をお話したり情報交 換をしたりしながら、楽しい時間が流れました。参加された方からは、「先生が示してくださる例が、まさしくうちのこと!と重なり大変為になりました。」と か「最近難しくなってきたわが子に親としてどう接していけば良いのかが分かりほっとしました。」など、先生ご自身の子育てを踏まえたお話に大変感銘を受け た感想が寄せられました。

***編集後記***

 今回のPTA研修セミナーは、一年生役員が実行委員を担当させて頂きました。初めての経験でとても緊張しましたが、皆様のご参加とご協力を頂きまして無事講演会を開催出来ましたこと、本当にありがとうございました。

セミナー実行委員 一同

平成26年度 第11回平成祭PTAバザー

日時:平成26年10月25日(土)
場所:本校前庭・家庭科室

 朝の突然の雨で少し心配しましたが、その後はすっきりとした秋晴れで、今年も無事に[PTA欅亭うどん]を出店させていただきました。

 9時前から徐々に準備していきました。
 ことしは、よりスムーズにお待たせ時間の短縮と温かく美味しいうどんの提供を考え、昨年より火元を増やし、安全面に充分配慮し、効率良く調理していきました。

 母たちのよりよいチームワークで役割分担し、各自責任を持ち、一致団結して頑張りました。
 当日券は早い時間に完売し、定刻の1時半には、引換も終わりました。

 たくさんの皆様に提供いたしましたが、お待たせすることもなく喜んでいただき、無事に終了することができました。
 皆様の御協力があってのことだと感謝しております。
 ゴミ分別もきちんとしていただきました。
 ありがとうございました。

 また、来年も宜しくお願いします。

平成祭実行委員一同

平成26年度 PTA総会アンケート

 日頃より、会員の皆様には、PTA活動に関しましてご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、先日のPTA総会に実施したアンケートでお聞かせいただいたご意見やご要望ですが、結果がまとまりました。皆様からのご意見をもとに、子供たちがより良い学校生活を送れるよう、毎年改善を積み重ねております。学校からの回答と、PTAからの回答の2つに分け、以下「Q&A」様式にてまとめました。

~学校からの回答~
1:携帯電話の使い方やネット利用の在り方について指導してほしい。
生徒指導課の方で情報モラル教室を実施し、情報電子機器の便利さと怖さ、ネット依存・ネットいじめ等の被害から身を守ることなどを指導しています。ご家庭でも話し合いのもとWi-Fiを制御したり、LineやTwitterを規制したりする等インターネット環境を整えることにご協力ください。
2:自転車通学において、事故時などの連絡方法を確認したい。
被害者・加害者どちらの立場になっても、まず保護者に連絡をしてから、学校にも連絡してください。また、事故は相手とトラブルになることもあるので、しっかりと警察にも通報しましょう。携帯電話・公衆電話がない場合は、周りの大人に電話を借りるなどしてください。
3:勉強についてこのままでいいのか、塾に行かせるべきか迷っている。
基礎期では、学習習慣がとても大切です。その子の現状が塾に行かせて解決する問題であれば塾に行かせることを検討すべきです。しかし、「学習したことを積 み上げていくための学習習慣」が確立できていないことが多いので、その点をご家庭と学校で連携しながら指導したいと思います。
4:お金の使い方、反抗期なのか暴言や態度が気になる。友達関係でうまくいかないことも時々あるようだ。
金銭的な管理については注意する必要があります。担任や学年団が、学校での人間関係について注意して見守って行きますが、現時点ではあまり心配ないと考え ています(今回の当該生徒の保護者への回答)。なお全校生徒を対象に教育相談を行っているので、何か気になることがありましたらいつでもご利用ください。 ご家庭でもお子さんが話をしてきた時には、ゆっくり聞いてあげてください。
5:行きたい大学・学部まで決めているのに、勉強にエンジンがかからない。どうすればやる気スイッチが入れられるか悩んでいる。
難しい問題です。何がスイッチになるか分からないので、低学年のうちは校内・校外を問わず、いろいろな経験や刺激が得られるような機会があると、とてもよいと思います。
~PTAからの回答~
1:各家庭で様々な事情が違う。拡大方向に行かなければよいかと懸念する次第 (幼稚園・小学校とPTAで苦労した経験より)。
本校PTAでは各クラス2名の理事さんがいますが、それぞれが懇親会担当と平成祭バザー担当に分かれます。1年間にご出席いただくのは年2回の役員会と担 当行事当日のお手伝いです。その他もう少しお手伝いできますと言ってくださる方に各行事実行委員会、郊外研修への出席をお願いしております。お仕事を持た れているPTA会員さんにもご参加いただける活動と思っております。
2:少しでも多くお手伝いしたいので、たくさんの機会(項目)を作ってほしい(特に土・日)。
3:役員さんだけでは人手が足りないときは、他の保護者にも広く呼び掛けてくださったらと思う。
皆さんのお気持ちありがとうございます。校外研修など皆さんにお知らせする方法等、執行部で検討してまいりたいと思います。
4:文化祭でのうどんの販売数(当日券)を増やしていただけると嬉しい。
在庫を抱えられない等の問題もありますので、検討させてください。

 建設的で前向きなご要望を多数お寄せくださり、厚くお礼申し上げます。

平成26年度 PTA講演会

日時:平成26年6月27日(金)15:20~16:20
場所:済美平成中等教育学校 アリーナ

 医療法人 ゆうの森の理事長、永井康徳先生を講師にお迎えし、在宅医療についてご講和を頂きました。
 永井先生は地域医療に貢献され、在宅医療を先頭に立って取り組んでいらっしゃいます。(在宅医療とは、医療関係者が生活の場で行う医療のことです。)

 高齢社会を迎え、医療や介護の問題が山積している現在、在宅医療に興味を持つ方もたくさんいらっしゃると思います。
 核家族という形態の中、在宅で介護する家族の金銭的・精神的な負担など、在宅医療にも様々な問題がありますが、家族と共に不安なく幸せに生きることができる社会を作るため、これからの在宅医療の発展に期待致します。
 今回、在宅医療の必要性や問題について、いろいろと学ぶことができました。
 家族との交流や生活の快適さなど、本人の生活の質を損なわずに人生を最期まで送ることができれば、どんなにか幸せなことでしょう。
 自ら或いは家族が、不治の病や老化などに向き合い、死を迎えるまでどう生きるかを真剣に考えることは、大変重要なことだと思いました。

 また、永井先生のお話の中で、心に残る二つの言葉がありました。
 一つ目は、京セラの創業者でJALを立て直すことに成功された稲盛和夫氏の言葉です。
 「人生や仕事(勉強やスポーツ)の結果=考え方×熱意×能力」
 人生は能力だけですべてが決まるのではなく、考え方や熱意で変えることができる。特に重要なのは考え方で、考え方次第でマイナスにもプラスにもなるから、正しく生きる姿勢(人格)を養い、人間として正しいやり方を貫けば未来は開けてくるということです。
 二つ目は、アップル社の設立者であるスティーブ・ジョブズ氏の言葉です。
 「未来を見て点を結ぶことはできない。過去を振り返って点の繋がりに気付く。いつかどうにかして点が繋がると信じなくてはならない。」
 一生懸命生きていれば、いつか経験したことが人生の中で結びついていくということです。

 済美平成の子供たちが前向きに自分の人生を切り開き、いつか“人に必要とされる”最高の生きがいを見つけ、幸せな人生を歩むことを祈ってやみません。

 永井先生、ご多忙中にもかかわらず素晴らしいご講演をいただきまして、ありがとうございました。

平成26年度 第18回PTA懇親会

日時:平成26年6月21日(土)18:00~20:00
場所:全日空ホテル松山 南館 エメラルドルーム

 あいにくの梅雨空で足元の悪い中、教職員と保護者、総勢224名という大勢の方に参加頂きました。たくさんのご参加、ありがとうございました。
 各クラスのPTA理事さんにより、スムーズに受付が行われました。どの学年の理事さんも和気あいあいとした雰囲気で、懇親会スタート前から親睦を深めることができました。

 PTA会長 長曽我部昭一郎氏の挨拶では、現在開催中であるサッカーワールドカップの話題に触れ、学校で教わる勉強だけでなく、家庭や外で教わることのできる勉強も大事であり、それを合わせて【教育】になると、お話しされていました。

 学校長 正岡勝英先生は、運動部の市・県総体での活躍と、三年生の学習合宿での熱心な様子をお話しされ、文武両道を目指して生徒が頑張っていることをご報告いただきました。
 また、先日行われたオープンスクールでは、済美平成の評判を聞いたという県外からの参加者が居られたことをご紹介され、全国区の学校に近づいたとお話しされました。
 子供たちの発展を祈って乾杯をした後は、お食事を頂きながら楽しく歓談をし、沢山の方と親睦を深めることができ、とても有意義な時間となりました。
 また、教職員紹介では、生徒のことを想い、情熱を持って日々の指導をして頂いていることが伝わり、この学校に通うことができる子供たちを羨ましく思いました。
 最後になりますが、今回は雨が降る中、たくさんの方が参加して下さり、本当にありがとうございました。

平成26年度PTA総会

日時:平成26年5月10日(土)9:50~11:05
場所:済美平成中等教育学校 アリーナ

 さわやかな五月晴れのお天気に恵まれ、本年度第1回目の授業参観の後、本年度のPTA総会が開催されました。430名余りのPTA会員の皆様がお集まり下さいました。

《開会のことば》

 窪田副校長先生より開会のお言葉がありました。

《PTA会長挨拶》

 「本日約470名の方が授業参観をされ、そのうち約430名の方がPTA総会に御出席下さいました。昨年度は、PTA活動に御協力いただきありがとうございました。引き続き、楽しみながら活動して頂ければと思っております。保護者同士が、縦のつながり、横のつながりができる絶好の機会です。ひいては子供たちの為になります。本年度も、御尽力頂きますよう宜しくお願いいたします。」

《学校長挨拶》

 正岡校長先生から、新年度に入ってからの生徒たちの様子などのお話の後、地域・日本・世界に貢献する若者を育てるため、教職員でサポートしていきますという、力強いお言葉がありました。その後、2点お願いがありました。

  1. 空港通りの渋滞緩和のための自動車送迎の自粛
  2. 携帯電話等の適正な取り扱いについて、いじめに繋がらない為にも、継続的に指導を徹底しておりますが、学校だけでは防ぎきれない問題です。御家庭の御協力を宜しくお願いします。

続いて議事に入りました。

《議事》
  1. 平成25年度 活動報告
  2. 平成25年度 決算報告
  3. 会計監査報告
  4. 新年度役員紹介
  5. 平成26年度 活動計画
  6. 平成26年度 予算審議

以上が行われ、いずれも承認いただきました。

《学校より連絡》
  1. 新任教職員紹介:窪田副校長先生から、10名の新任教職員の紹介がありました。
  2. 進路指導課 中矢先生より、平成25年度の大学合格状況の説明。
  3. 生徒指導課 成谷先生より、777名の全校生徒の安全・健康を大事にしていきたい。
  4. 人権図書課 熊谷先生より、生徒間で、お互いの多様性を認め合う人間関係を築けるように指導していきたい。
  5. 教育相談担当 山本先生より、担当の先生、スクールカウンセラーの宮本先生の紹介。
《PTAからの連絡事項》
☆PTA講演会のお知らせ
日時:6月27日(金)15:20~16:20
場所:済美平成中等教育学校アリーナ
講師:医療法人 ゆうの森 理事長
永井 康徳 氏

☆PTA懇親会のお知らせ
日時:日時:6月21日(土)18:00~20:00
場所:場所:松山全日空ホテル 南館 エメラルドルーム
《閉会のことば》

 宇佐美副会長の御挨拶で閉会となりました。

◎総会を終えて

 一時間余りの短い時間でしたが、学校と子供たちの現在の状況が把握でき、今後の取り組みについても知ることができました。保護者は、子供たちが楽しく充実した学校生活を送るための、有意義なお話を伺うことができました。御参加いただいた皆様、ありがとうございました。

平成26年度 第1回役員会

日時:平成26年4月24日(木)13:00~15:00
場所:第一多目的室(本館5階)

総会に先立ちまして、第1回役員会を開催しました。お忙しい中、校長先生をはじめ、PTA担当の先生方、理事の皆様に御出席いただきました。

《議事及び確認検討事項》
  1. 総会で御承認頂く議案について、役員会の審議と承認をいただきました。
  2. PTAの主な活動計画について確認しました。

    日程名称主な活動内容
    4月24日(木)第1回役員会自己紹介、活動計画/予算検討、各実行委員選出
    5月10日(土)PTA総会会員による承認
    6月21日(土)PTA懇親会懇親会担当:当日の受付
    10月25日(土)平成祭バザー平成祭バザー担当:当日の作業
    11月21日(金)PTA研修セミナー(実行委員:内容検討、準備)
    11月21日(金)第2回役員会活動の総括、お疲れさま会
    3月28日(土)てくてくSH☆Walk3年生理事:うどん作り
    平成27年4月未定次年度理事選出バトンタッチする理事さんの選出。

     各クラス2名の理事さんには、懇親会担当と平成祭バザー担当の2班に分かれて活動していただきます。(各学年各担当1名ずつ連絡係さんを選出しました。)

  3. その他の活動について確認しました。
    ◇1~6年理事
      ① 郊外で行われる講演会への出席
      ② 第三回愛媛県私学振興大会への出席
    日時:11月22日(土)14:00~15:00
    場所:国際ホテル松山
      *PTA会員の皆様にも御案内いたします。
    ◇3年理事
      てくてくSH☆Walkサポート隊
      *3年生保護者の皆様にも御案内いたします。
  4. 実行委員選出
     今年度も昨年度と同様に、懇親会、平成祭バザー、研修会セミナー、てくてくSH☆Walk の4つの行事について、執行部と共に活動していただける実行委員さんを募りました。行事の日以外に、1~2回程度集まっていただき、親睦を深めながら活動していきたいと思います。
PTA会員の皆様へ ~懇親会の御案内~
日時:6月21日(土)18:00~20:00(受付開始17:30)
場所:松山全日空ホテル 南館4階 エメラルドルーム

 先生方や保護者の皆様と親睦を深める、年に一度の機会となっております。たくさんのPTA会員の皆様の御参加をお待ちしております。御案内のプリントは5月27日頃に配布いたします。

**役員会を終えて**

 初めてのお子さんが本校に入ったというフレッシュなお母さま方を理事さんに迎え、今年度の活動がはじまりました。皆さんがPTA活動に、より参加しやすくなるように、また、子供たちの為になるように、心がけていきたいと思います。

H26年度クラス理事選出

日時:平成26年4月15日(火)13:30~15:00
場所:第一多目的室(本館5階)

 若葉の緑が目にも鮮やかなこの日、25年度最後の活動となる、26年度クラス理事選出活動を行いました。昨年度同様、PTA会員の皆さまが、『より広く、より気軽に参加しやすいように・・』という思いの中、今年も選出方法の優先順位を考慮させて頂きました。

 今年は、クラス理事希望調査票の内容を3選択に増やし、皆さまからいただいた調査結果を元に、学年毎、協力しながら、懇親会担当理事さんと平成祭バザー担当理事さん各クラス各担当1名ずつ選出しました。
 皆さんの「おたがいさま・・」といった活動の様子を見させていただきながら、この1年間の和気藹藹とした心温まる御協力に、改めて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

◆◇◆理事選出を終えて◆◇◆

 H25年度理事の皆さまは、クラス理事選出が終わり、寂しく感じながらもホッとされていることでしょう。『楽しかったね。』『またいつかしたいね。』とのお声が各テーブルから聞こえ、この1年間の活動の様子を、再度、うかがい知ることが出来ました。皆さまの臨機応変な御対応と御協力のお陰をもちまして、全活動、楽しみながら無事終えることができ、また、生徒たちへの声援ばかりでなく、執行部にまで、あたたかいお声掛けをくださり厚くお礼申し上げます。

 最後になりましたが、PTA会員の皆さま、新年度早々、クラス理事希望調査に御協力いただきましてありがとうございました。今後とも引き続き、PTA活動に御理解、御協力下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

過去のお知らせはこちらから

  2016年度   2015年度   2014年度