役員たちの日常       
<<前の記事へ  役員たちの日常TOPへ  次の記事へ>>

2015年 8月第一週

5年 副会長U

スポカ担当のUです。
先月もスポカでとても忙しい日々を送りました。
主に冊子を作るための準備をしました。
具体的には後期補習の場所割、規定や活動の心得などの確認とそれを含めた冊子作りです。

後期補習中の活動場所割は生徒会顧問のN先生が作ってくださっていたので、去年と比べるととても楽をさせていただいたな~と思います。
逆に、とても大変だったのは完全下校の指導についてです。
今まで生徒会は「検問」という言葉を使ってきました。
しかし、これだとグループ長など5年生を中心に完全下校の遅刻について「減点されるから早く門から出て!」という声が例年聞かれていました。
この状態だと、完全下校の指導をしなくなるスポカ終了後には、完全下校をあまり意識しなくて済むということにもなり兼ねません。
そもそも完全下校は当然のことながら本校に所属している以上はいつも守らなければならないもののはずです
それがスポカの時以外、ルーズになってしまうという問題点を生徒会は指摘しました。
そこで、グループ長をはじめ各グループの長に、時間を意識して行動することを後輩に伝えるように言いました。
生徒会の中では、どうすれば意識の改革ができるかよく話合いを行いましたが、実際に、人にその内容を伝えようとすると、その難しさを思い知りました。
現在、このような過程を経て完全下校の指導を行っていますが、ほとんど遅れる生徒はいないので安心しています。
この意識をこれからも持ち続けていきましょう。

中期補習・後期補習と暑い日の中、練習が続きますが、水分補給と休憩はこまめにとって、熱中症には気を付けましょう。


<<前の記事へ  役員たちの日常TOPへ  次の記事へ>>

メニュー