PTAからのお知らせ

平成30年度 第2回役員会・懇親会

日時:平成30年11月21日18時00分~20時00分
場所:大和屋本店 大和の間

 少しずつ気温も下がり、各所で冬支度の始まる11月の終わり、全学年の理事さん、先生方にお集まりいただき、今年度第2回目となる役員会・懇親会が開催されました。
 最初に登壇された山﨑PTA会長は「今年度も理事の皆さん、先生方のご協力により今日の役員会を迎えることができました。スポカの際には近隣商業施設の迷惑駐車をなくすべく、 全校保護者への文書を配布しました。また、先生方には生徒の熱中症対策とケガ防止に集中して頂くため、警備員の配備を行い、見廻りを行いました。その後も先生方が朝夕の見廻りをして頂き、 かなりの数の迷惑駐車を減らすことができました。本日の会場の大和屋さんは慶応4年創業で150年の伝統があります。 我が校もみんなで協力し、今までの伝統を守り、新しい伝統を作っていきましょう。」と挨拶されました。

 続いては校長先生より「先日の学校説明会では、昨年を上回る数の方々が見学に来てくださり、教職員一同喜んでおります。また、センター試験は来年1月ですが、推薦受験は既に始まっています。 受験をして帰ってきた6年生達が非常に成長している姿を見て、受験を経験するとこんなに変わるものか!と驚いています。そして、それに良い刺激を受け、5年生も受験に対する自覚が生まれてきています。 そんな上級生の姿を見て下学年もそれぞれの頑張りを見せています。」とのお話をいただきました。

***平成30年度役員会議事***
  1. 平成30年度 活動報告
  2.  ①PTA懇親会:6月23日(土)
       松山全日空ホテル 南館4F エメラルドルーム
     ②PTA講演会:10月16日(火)
       愛媛台湾交流会 会長 古川 勝三氏
       「歴史に学ぶ日本と台湾の絆」
     ③平成祭PTAバザー:10月27日(土)
       PTA欅亭うどん
     ④平成祭バザー収支報告
     ⑤校外研修
      ○青少年の非行・被害防止県民大会:7月26日(木)
      ○愛顔でつなぐ“学校・家庭・地域”の集い:8月11日(土)
      〇愛媛県人権・同和教育研究大会:11月8日(木)
     ⑥その他
      ○第6回私学振興大会:10月6日(土)
       国際ホテル松山 3階 常盤の間
      ○近隣商業施設の無断駐車対策
      ○ホームページ掲載内容
       *第1回役員会 *PTA総会 *PTA懇親会  
       *PTA講演会  *PTA平成祭バザー
  3. 今後の予定
  4.  ①てくてくSH☆Walk:3月28日(木)
     ②平成31年度理事選出:4月(予定)

 最後に峯本先生より、学校内外の活躍の様子を紹介していただきました。学校説明会で配布した資料もご用意頂き、ぜひお知り合いの方にお配り頂きたい、とのことでした。 このあと質疑応答の時間の後、役員会は閉会いたしました。

 続いて懇親会が始まります。役員会の間に、パーティションの向こう側には素敵なお料理の数々が並べられ、私たちを待っていました。毎朝校門に立ち、子ども達の登校を見守ってくださっている西村事務長による乾杯のご発声の後、 歓談の時間となりました。

 本日の素敵なお料理を手掛けた大和屋本店 洋食調理長の篠崎文夫氏からもご挨拶いただき、ご参加の皆さんは、和やかな雰囲気の中、お料理を楽しまれました。

 会の終盤には、役員会恒例、富岡先生による三線演奏です。今年度は「ありがとうの花」、「海の声」の2曲が演奏され、1年生理事さんたちが素晴らしい盛り上げ隊を演じてくださいました。 そしてこちらも恒例、「襖を開けて閉める」カチャーシーで皆さんの心が1つになりました。

 最後山崎教頭先生より「平成校の一期生は昭和生まれでした。気が付けば平成も最後の年となり、次の元号が気になる頃ですが、これからも、今あるものに満足せず改革と工夫と努力を重ねていきたいと思います。」とご挨拶頂き、閉会となりました。
 保護者の皆様、そして先生方、今年度もPTA活動にご参加・ご協力頂きありがとうございました。来年度も、子ども達の学校生活がより良きものとなりますよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

PTA欅亭うどん

日時:平成30年10月27日(土)
場所:家庭科室・ピロティ

 清々しい秋晴れが広がる中、「PTA欅亭うどん」を出店させていただきました。今年は、新設されたロビー前広場をお食事スペースとし、家庭科室での調理、販売となりました。






 例年使用していたレンタルの強力ガスコンロは、安全上の理由から屋内での使用ができず、備え付けのコンロで頑張りました!少々不安もありましたが、あれこれ工夫し大きなトラブルもなく、 スムーズに提供できました。これもお母さん達の『主婦の知恵』の賜物です。



 初の天かすコーナーも設置し、皆様に喜んでいただけたようです。12時半頃には当日券も完売。大盛況にて終了することができました。
 食後のゴミの分別、ご協力頂きありがとうございます。また来年もよろしくお願いいたします。


●○2年生・4年生平成祭担当理事○●

平成30年度PTA講演会

日時:平成30年10月16日(火曜日)15:20~16:20
場所:済美平成中等教育学校(アリーナ)
講師:古川 勝三(ふるかわ かつみ)氏のご紹介
愛媛県宇和島市に生まれる。1967年に愛媛大学を卒業し教員となる。1980年に文部省の海外派遣教師として台湾高雄市の日本語学校に赴任し3年間を過ごす。1998年松山市の公立中学校の校長を務め2004年に退職。
現在は愛媛大学工学部非常勤講師、愛媛台湾交流会会長、宮本武之輔を偲び顕彰する会副会長、八田技師夫婦を慕い台湾と交友好の会顧問、台湾世界遺産登録応援会顧問を務める。

1991年「台湾を愛した日本人」で土木学会著作賞受賞
2013年台湾政府観光局より「台湾観光貢献賞」受賞

 さわやかな秋風を感じる10月16日。 愛媛台湾交流会会長 古川 勝三先生をお招きして「歴史に学ぶ日本と台湾の絆」と題して講演していただきました。先生の第一声は「台湾と言えば?」。前期課程の生徒からは「マンゴー!」「小籠包―! 」と元気な返答。台湾で人気の日本人歌や、 おいしい食べ物の話から講演が始まりました。
 前半は「台湾人と日本の繋がり」についてです。東日本大震災の際には、人口わずか2300万人の台湾から総額250億円を超える世界最大額の義援金が送られてきた こと、親日家が多く年間訪日外国人の15.9%を台湾人が占めていること、また、世界で最も好きな国が日本と答えた人は80%を上回っていること、そして日本も台湾大地震の際には一早く救助活動に駆け付け多くの命を救ったことなど、戦前の統治時代から続く日本の功績が現在の友好な関係を築いていることも含め、先生のご経験を交えながらお話しいただきました。


 後半は台湾野球の礎を作った愛媛県人、近藤兵太郎、台湾のインフラ整備で多大な実績を残した八田興一など戦前・戦後にかけて台湾の発展に貢献した人たちについてです。 彼らの活躍により、台湾の人たちは「日本精神」を持った日本人をとても尊敬してるというのです。「日本精神」というのは、①嘘をつかない、②不正なお金は受け取らない、 ③失敗を他人のせいにしない、④卑怯なことはせず自分のすべきことに全力を尽くす、というものです。先生はこの精神を日本人から教わったのではなく台湾人から教わったそうです。 講演の途中、「今、私たち日本人はこの「日本精神」に恥じない生き方をしているだろうか?」という思いが私の頭をよぎりました。先生が台湾で活躍された人たちの功績を讃えながら、 今回の講演で最も伝えたかった事は、かつて日本人が大切にしていたこの精神を取り戻してほしいということではなかったでしょうか? 将来、済美平成の子どもたちが、台湾で活躍した偉大な彼らのように海外の人からも尊敬される人になれたら…それはどんなに素敵なことでしょう。そうなることを願ってやみません。
 古川先生、ご多忙の中、貴重なお話を有難うございました。なお古川先生より著書「日本人に知ってほしい台湾の歴史」「台湾を愛した日本人Ⅱ」の2冊を寄贈していただきました。図書館にありますので是非ご一読下さい。


平成30年度 PTA懇話会

日時:平成30年6月23日(土)18:00~20:00
場所:全日空ホテル 南館4階 エメラルドルーム

心配された空模様でしたが、夕方には雨も上がり、教職員と保護者、総勢213名という大勢の皆様にご参加いただきました。


はじめにPTA会長 山﨑 洋靖氏より「平成校生は立派な人間形成をし、日本の社会のキーパーソンなるような人間になって欲しい」とご挨拶頂きました。


次に学校長 窪田利定先生からは「オープンスクールでは多くの参加があり大変嬉しい悲鳴だった。5年生がホスト役として非常に甲斐甲斐しく、けなげにご接待、おもてなし役を務めた」とのお話があり、三線同好会、放送部、また運動部の総体での活躍などを讃えていただきました。


理事長 石丸博氏からは「6年生の来年3月の成果を大いに期待して」と乾杯のご挨拶を頂きました。


教職員の自己紹介では、各学年団で登壇され、生徒たちに対する姿勢など盛り込みながらユーモアのある自己紹介をしていただきました。


歓談の合間には富岡先生率いる6年部の保護者の皆様で結成された「平成ヴィーナス」により三線の演奏、歌、踊りで大いに盛り上がりました。


最後は森邦彦先生による万歳三唱で締めくくられ、閉会となりました。

普段はなかなか話ができない先生方や、保護者の皆様と親睦を深められたことと思います。大変有意義な時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

2年生&4年生 懇話会担当理事

平成30年度PTA総会

日時:平成30年5月12日(土) 10:00~11:15
場所:アリーナ

 本年度第1回目の授業参観の後、PTA総会が開催されました。沢山のPTA会員の皆様にお集まりいただき、会は滞りなく進行し、議事も全てご承認いただきました。


□□□ 議  事 □□□
  1. 平成29年度 活動報告
  2. 平成29年度 決算報告
  3. 会計監査報告
  4. 新役員の承認と挨拶
  5. 平成30年度 活動計画
  6. 平成30年度 予算審議
  7. 質疑応答
  8. 執行部感謝状贈呈
  9. その他
■■■ 学校より連絡 ■■■
  1. 新任教職員紹介(山﨑教頭先生)
    4名(1名欠席)の新任教職員の紹介をいただきました。
  2. 生徒指導課より
    4つの安全(心・交通・行動・設備)をベースに、保護者の皆様と連携して指導していきたいとの お話をいただきました。
  3. 進路指導課より
    今春卒業の16期進学状況についてお話しいただき、「素直な人は伸びる」、アドバイスを素直に「ま ずやってみる」ことも大事であるという、受験を終えた卒業生の「珠玉の一言」をご紹介いただきま した。
  4. 人権教育担当より
    「全ての人が幸福を追求する権利がある」ことに基づき、各学年に合った指導を行っていきたい、 そのためには家庭と学校の協力が必要とのお話しをいただきました。
  5. 教育相談担当より
    学校のこと、友達のこと、どんな悩みでも、一人で抱え込まず、教育相談を利用してください、 利用方法はホームページでも紹介しています、とのお話をいただきました。
今年度もPTA活動への、ご理解・ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

平成30年度 第1回役員会

日時:平30年4月21日(土) 11:00~12:00
場所:第一多目的室(本館5階)

 昨週に決定した新理事さんにお集まりいただき、平成30年度第1回目のPTA役員会が行われました。
お忙しい中、窪田校長先生、前副会長の森教頭先生、新副会長の山﨑教頭先生をはじめ、PTAご担当の先生方もご出席くださいました。


□□□ 議  事 □□□
  1. 平成29年度活動報告及び決算報告
  2.   ア 活動報告   イ 決算報告   ウ 監査報告
  3. 平成30年度活動計画及び予算審議
  4.   ア 活動計画   イ 予算審議
  5. PTA総会について
  6. その他

上記次第に沿って進め、総会にて報告・審議する議案について、お集まりいただいた皆様よりご承認いただきました。 その後、全員が自己紹介をしていただき、新体制のスタートとなりました。戒能顧問より「楽しく活動できる1年となりますよう皆様のご協力をお願いいたします。」 とのご挨拶もいただきました。


■■■平成30年度PTA活動の日程と内容■■■

1. 主なPTA活動日程と内容
日程 担当と主な内容
懇親会担当理事 平成祭バザー担当理事
4月21日(土) 第1回役員会 自己紹介、活動計画・予算の検討など
5月12日(土) PTA総会 会員による承認をいただく
6月23日(土) PTA懇親会 準備と当日の受付
10月27日(土) 平成祭バザー 準備と当日の作業
11月21日(水) 第2回役員会 活動の総括、お疲れさま会
3月28日(木) てくてくSH☆Walk 3年生理事が中心に活動
時期未定 校外研修 1年生理事が中心に活動
31年4月未定 第3回役員会 活動報告・決算報告・次年度理事選出
学年
1年 2年 3年 4年 5年 6年



懇親会
懇親会担当

懇親会担当
平成祭バザー
バザー担当

バザー担当
校外研修          
てくてくSH☆Walk ◎※1
校外の講演会等への出席 ○※2

◎…中心になって活動(=実行委員) ○…準備やサポート(当日のみ参加)

  • ※1 てくてくSH☆Walkは、3年生保護者有志・その他有志さんも募ります。
  • ※2 校外で行われる講演会等への出席は、連絡係さんを通してその都度日程等のご案内をいたします。

平成29年度 第3回PTA役員会

日時: 平成30年4月16日(月)13:30~15:00
場所:第一多目的室(本館5階)

 フレッシュな新入生を迎え、親子ともに不安と期待の入り混じった4月がスタートして2週間、 平成29年度最終となる第3回役員会が行われました。年度初めのお忙しい中、平成29年度理事さんにご出席いただきました。

議事は以下の通りです。


□□□ 議  事 □□□
  1. 平成29年度活動報告及び決算報告及び決算報告
  2. 平成30年度新役員決め
平成29年度の活動を振り返るとともに決算も報告し、29年度の活動を締めくくりました。
そして、今年も各学年で協力しながら次年度の理事さんを決めていきました。
できるだけ公平・公正な方法で進められるよう、保護者の皆様からいただいた事前アンケートを元に、選出の際の優先順位を考えながらの作業となりました。 自宅へ持ち帰ってお電話していただいた方もいらっしゃって、大変お手数をおかけしましたが、皆さまのご協力により全ての新理事が決定いたしました。 29年度理事の皆様、1年間誠にありがとうございました。お疲れ様でした。
今後とも引き続き、PTA活動へのご理解・ご協力をお願い申し上げます。

平成29年度 第12回 てくてくSH☆Walk

日時:日時:平成29年3月28日(水)
場所:場所:本校 家庭科室・ピロティ

 満開の桜の中、第12回てくてくSH☆Walkが開催されました。てくてくが終わらなければ今年度は終わらない。平成校の名物行事の一つです。  校舎の増築に伴う玄関前の工事も終了し、ピロティでの提供は初めてとなりました。

 3年生(19期生)理事さん・執行部の方々を実行委員とし、先生方、3年生保護者の有志の方々のご協力を得て、てくてくサポート隊を結成いたしました。 事前打ち合わせとして、2月24日(土)に、実行委員で担当決め等、話し合いを行い、前日準備は3月27日(火)に家庭科室で用具の搬入・洗浄・設営等を行いました。 明日の天候と無事を祈りつつ本番に備えました。

 そしていよいよ3月28日(水)当日です。春を感じる暖かい朝、子ども達は5時30分には学校に集合。 暗闇の中、ひと際照らされた学校に登校していく子ども達の姿を見ると、否が応でも緊張感が高まってきます。

 さて、スタートから5時間後の11時、実行委員も集合です。眩しいほどの春の陽ざしが照り付ける晴天です。随時送られてくるホームページのてくてく情報を確認しつつ、ゴールの時間を考えながら順調に作業を進めていきます。 まずはおにぎり作りです。18期生が「稲穂の里」で丹精込めて作ったお米40キロを愛情込めておにぎりにしていきます。多少の大小はご愛敬。 先生方にもお手伝いいただき、さけ・かつお・わかめ・ゆかり・塩5種類のおにぎりを手際よく約1000個作りました。同時進行でうどんの出汁作りとお湯作りも開始です。 気付けばお昼を過ぎています。本番の手順の確認と味見を兼ねた試食会です。平成祭でのPTA欅亭うどんの経験が活かされ、自然と体も動きます。「お出汁の加減もいいね。」 「おにぎりも美味しいね。」と味の確認。和気あいあいと会話も弾み、束の間の休息です。


(おにぎり作り)

(約1000個のおにぎり完成)

(試食、お味バッチリ!)

 さあ、ホームページのてくてく情報に目をやると次第に先頭は学校に近づいています。そろそろ本番モードに突入です。 注文を入れて、うどんを茹で、盛り付け、出汁入れ、提供までの一連の流れをシミュレーション。今か今かとゴールの瞬間を待ちます。 「あと10分で到着です。」の先生の声に、緊張感が走ります。14時57分、「おかえりなさい。」の声と拍手に迎えられ、3年生男子が1位でゴール。 その後も続々とゴールしてきます。いよいようどん作りの開始です。手際よくうどんが出来上がっていきます。 有志の方々が合流するとサポート隊も一気にパワーアップです。次々入る注文にも手際よく対応。熱々のうどんが次々と運ばれていきます。 16時30分にはゴールラッシュでうどん行列ができました。陽に向かって一日歩き、日焼けした顔に汗を流しながらうどんとおにぎりを頬張る。 若いって素晴らしい。気持ちの良い食べっぷりに、サポート隊も自然と笑みがこぼれます。17時28分、最後の子ども達がゴールし、無事すべての提供を完了しました。


(1位、おめでとう!)

(一方、家庭科室では大忙し。)

(ゴール後もまだまだ元気)

(おにぎり5種。3個まで!)

(どうぞ、召し上がれ。)

 初めてのてくてくで、足が動かないとぎこちない歩きの1年生。てくてくが終わっても明日の補習が気になる新6年生。 明日の我が身のためにとストレッチに余念がない先生方。ピロティで、けやきAgoraで、ゴール後の様々な姿が見られました。 そしてみんな、仲間と健闘を讃え合い、達成感に満ちた良い笑顔でした。美味しいうどんとおにぎりとともに。


(うどんとおにぎり、美味しいね☆)

(けやきAgoraで、ほっと一息♪)

(お疲れさまでした。)

~最後に~
 てくてくSH☆Walkはマラソンと同じ距離42.195kmを歩きます。仲間とただひたすらにゴールを目指し歩き続ける。苦難を乗り越えゴールした時の達成感は、歩いた人でなければ分からないものがあるでしょう。しかし、そのゴール達成には、先生方のサポートがあってこそ。おにぎりを作りながら、子ども達の感動を自分の感動として話してくださる先生方にふれ、歩いている人もサポートしている人も一つになってゴールを目指していることを感じました。日頃から、子ども達のサポートをしてくださっている先生方には心から感謝いたします。また、大勢の有志の方々にお手伝いいただき、てくてくSH☆Walkの一翼を担うことが出来ましたこと、保護者の方々と交流を深めることが出来ましたこと、大変嬉しく思います。本当にありがとうございました。
 ここに、第12回てくてくSH☆Walkが無事に終了しましたことをご報告させていただきます。ありがとうございました。
てくてく SH☆Walk 一同

(3月30日(金)愛媛新聞より)

過去のお知らせはこちらから

  2017年度   2016年度   2015年度   2014年度