役員たちの日常       
<<前の記事へ  役員たちの日常TOPへ  次の記事へ>>

2017年 10月第一週 スポーツカーニバルを終えて1(9/22頃の寄稿)

5年副会長 K.R 天秤座 AB型

まだスポカの気分が完全に抜けていませんが、平成祭について本格的に動き始めました。
二学期はじめは最終案の企画書の作成と配布を行いました。
今年は校舎増築工事の為、限られたスペースでの平成祭になりますが、それを感じさせないような豪華な平成祭をしたいと思っています。
校内の装飾を、低学年だけでなく高学年も力を入れてしていけたらな…と考えています。
今年はどんなOPにしようかという事も近いうちにメンバーと話し合いたいです。

5年書記 S.M 

初めて生徒会役員としてスポカに携わってみて思ったことは、まず仕事が多いということです。

下校チェックの際の片付けチェックは1番大変だったんじゃないかと思います。
具体的には、パフォーマンスと応援の活動場所と装飾のアリーナを周り、片付けの不備がないか、忘れ物をしていないかをチェックするという仕事内容でした。
ほとんどの日が完璧で、地味な作業だなと思っていましたが、たまに見つけたときはそこでものすごくやりがいを感じていました(笑)
しかし同時に、一生徒として片付けはしっかりしないとという意識が芽生えました。
来年からは完全下校時刻はもちろん、片付けの徹底もしてほしいと感じました!

次に大変だなと思ったのはサッカーグラウンド使用時のタイムキーパーです。
まず、部門の練習に集中しすぎて忘れることが多々あり申し訳なかったなぁと反省しています(((;°▽°)
急な変更にも対応できる柔軟さが大事だなと改めて感じました!
役員でかつ5年生で部門の中心になろうと考えている人は、部門だけにならず役員としての仕事も考えられる余裕を持つべきだと思います。
私はこれが足りていなかったので…。

当日もあまり本部にいることは出来なかったのですが、審査票の得点集計など、できる限りの仕事はしました。
おかげさまで少しだけ電卓の早打ちが得意になりました(笑)
これが各グループの結果に繋がるんだと思って真剣にやりました。
少しだけでも貢献できたのでよかったと思います。

スポカを終えて、自分の役員としての自覚のなさに改めて気付きました。
何も貢献できていないので、残り数カ月、爪痕を残せるようにがんばります!!

3年書記 H.R 乙女座 B型

スポカに向けて、選手名簿の入力、下校チェック(減点対象のチェック)や練習場所の片付けの確認、忘れ物の回収、生徒全員が使う水筒を入れる段ボールの組み立て等を行いました。

選手名簿の入力では、関数を入力することから始めなければならなかったのでパソコンを使うのが苦手な私にとっては凄く大変な作業でした。
しかし、先輩方が関数の使い方を教えてくださったので何とか仕事を終えることができたので良かったです。
次回、また関数を使うことがあればスムーズに作業に取り組めるようにしたいと思いました。

下校チェックにおいては、チェックリストを作り、減点の際の条件に平等性を保てるよう工夫しました。
遅れる人はほとんどおらず、多くの人が時間を守って下校できていたので良かったと思います。
しかし、練習後に荷物の片付けをしていて遅れた人もいたので自分の荷物をまとめてから準備活動・練習に行くよう心掛けてほしいです。

練習場所の片付けの確認、忘れ物の回収で気付いたことが何点かあるのでその中の二つを紹介します。
一つ目は、持ち物への記入が少ないこと。そのために、回収をしても本人に返せない物が多くあったので一人ひとりに心掛けてほしいです。
二つ目は、置いたままにされているごみがあること。
練習の際、前日準備の際、そして当日にもペットボトルをはじめとして、たくさんのごみが置いたままにされていました。
残されたごみは、生徒会役員だけでなく先生方も回収してくださっていたので迷惑をかけてしまわないためにもごみの回収、自分が使ったものは自分で片付けるということを心掛けてほしいです。

準備や片付け、当日の動きは、初めて経験することばかりだったので戸惑うことばかりでしたが無事にスポカを終えることができた良かったです。
次は、平成祭に向けての準備を着実に進めていきたいと思います。


<<前の記事へ  役員たちの日常TOPへ  次の記事へ>>

メニュー