暴風を伴う警報、特別警報、避難勧告及び避難指示発令時の対応について

 暴風を伴う警報、特別警報、避難勧告及び避難指示発令時の対応については、以下のようになっております。(平成ノートp.5より)

  1. 登校する時点で、松山市に「暴風」を伴う警報またはあらゆる種類の特別警報、あるいは本校の所在する松山市味生地区に「避難勧告」「避難指示」が発令されている場合は、登校準備をして「自宅待機」し、解除を待つ。
  2. 警報等が解除された場合は、以下のとおりとする。
     ア 午前8時までに解除された場合は、3時限目の開始に間に合うように登校する。(月~土曜日)
     イ 午前10時までに解除された場合は、5時限目の開始に間に合うように登校する。(月~金曜日)
  3. 警報等が上記の時刻までに解除されなかった場合は、「自宅学習」とする。
  4. 居住地域に同様の警報等が出た場合は「自宅待機」し、原則として上記1~3に準じるものとする。
  5. 登校の途中で警報等の発令を知った場合は、直ちに保護者と連絡を取り、適切に対応する。
  6. 「自宅待機」「自宅学習」の情報は、決定次第本校のホームページに掲載する(アドレスは平成ノート表紙を参照)。また、MACネットCSCシステムに加入している保護者には、システムを通じて、速やかに情報を送信する。
  7. 公共交通機関(JR、伊予鉄バス等)を通学に利用している生徒が、運休によりそれらを利用できない場合は、他の交通手段が確保できるならば、安全に十分注意して登校する。
     ただし、他の交通手段が確保できない場合や、安全に登校できない場合は、自宅待機(公欠扱い)とするので、学校に連絡すること。
  8. 休日など開校日以外に警報等が発令された場合は、部活動等は原則として中止し、自宅で待機する。長期休業中の補習等もこれに準じる。