論文活動

論文活動について

論文活動について

済美平成中等教育学校では、1 期生が 3 年生になった 1999 年度から論文活動を 20 年間実施しています。当時の校長であった池田逞先生の「『読む・ 書く・話す』というすべての人にとって必要な能力を生徒に身につけて欲しい」との願いをもとにスタートした教育活動です。生 徒が担当の教員と二人三脚で、一つのテーマについて考え、原稿用紙 20 枚以上の文章を書き上げるこの活動によって、昨年度まで 2094 本の論文が完成しており、本校の伝統となっています。

平成 30 年度 ( 20 期生) 論文活動

  • 優秀( 6 作品)

    河野 聡美 :
    円形脱毛症~目に見える「病気」~
    佐々木 朋音 :
    動物愛護
    鈴木 優花 :
    アイボは家族になれるか
    ~なぜ、ゆずはかわいいのか~
    砂野 光咲 :
    日本人と「桜」の伝説について
    松岡 未宥 :
    モンテッソーリ教育の可能性
    ~その実践例から見るモンテッソーリ教育の特質と活かし方~
    松友 海 :
    究極のエコロジー移動手段、本当に自転車は
    自動車よりエコなのか?

    プレゼンテーション賞( 4 作品)

    平井 直季 :
    スマホは何歳から与えるべきか
    山内 祐穂 :
    ゲーム~現代におけるテレビゲームの発展~
    渡辺 彩翔 :
    タイムトラベル
    渡部 こころ :
    夢の道具の実現
  • 佳作( 11 作品)

    大岡 里菜 :
    AI と教育改革
    鍛治﨑 悠 :
    これから登録される世界遺産について
    齋藤 心美 :
    ぐっすり 最高の熟睡を求めて
    齋藤 玲 :
    救急救命医療におけるドクターヘリの活用について
    十河 佑衣 :
    日本の温泉で外国人を惹き付けるには
    田村 朋子 :
    松山市は障がい者にやさしい街か
    ~街にあふれるユニバーサルデザイン~
    戸田 琳那 :
    開発援助について
    中村 伶那 :
    幸せな人生と結婚
    日浅 優里 :
    ピアノが与える影響
    村上 由布希 :
    声と音
    ~さまざまな声や音がもたらす人への効果~
    渡部 真夕 :
    ブラック企業を考える

旺文社学芸サイエンス 入選一覧

本校では 3 年生で作成した論文を、後期課程で旺文社が主催している学芸サイエンスコンクールに応募しています。応募を始めた 6期生から、14 年連続で入賞しています。( ) 内はサブタイトル

部門 期別 氏名 タイトル
自然 6 土居 美沙季 発酵は人類を救う
( 古くて新しい技術 FT革命 )
人文 7 井上 知謙 千年釘
( 釘に込める情熱とは )
人文 8 大西 ひかる ストリートチルドレン
自然 8 高橋 幸嗣 集中力
人文 9 岡本 唯 在韓被爆者問題を考える
( 忘れ去られた犠牲者たち )
人文 10 井手 梓 よさこい!
人文 11 和氣 由布子 どんでん返しの魅力 ( オー・ヘンリー作
「赤い酋長の身代金」から探る )
自然 11 大藏 あゆみ ダイラタンシー
( その現象がおこるには )
人文 12 阿部 沙樹子 「千と千尋の神隠し」を観る適当な年齢
自然 12 上岡 みなみ 視力
人文 13 秋山 馨 日本人の桜観と死生観
自然 13 武智 有紀 地震予知
人文 14 飯尾 隼人 在宅医療
( 私達の生活に生きる医療 )
自然 14 髙村 友美 錯視デザインにおける心理的効果と実用性
( よりよい街にするために )
人文 15 奥村 南々子 親子関係について
自然 15 高橋 慶丞 重信川汽水域におけるカニの生態系調査
( アカテガニを救うために )
人文 16 大澤 史哉 日本にデジタル教科書を導入するためには
人文 17 大惠 奏歩 少子高齢化
( 地方文化を守るためには )
自然 17 戸田 裕子
( 軟水と硬水 )
人文
(銀賞)
18 松岡 歩未 まちづくり
( 内子座 100 周年から見えること )
人文 19 鍵山 実玖 人を魅了するプレゼンテーションとは

自然・・・自然科学研究部門 ( 入選 )

人文・・・人文社会科学研究部門( 入選 )

人文(銀賞)・・・人文社会科学研究部門( 部門全国第2位に相当 )

学芸サイエンスコンクール以外にも、昨年度は次のコンテストに応募し、入賞しました。

  • 社会共創コンテスト 2018 学生審査員賞
    作品名「SETOUCHI 型長期滞在観光の可能性」

    多賀谷直樹・渡部 美咲・渡部 実希・
    權名津歩希・西山 和歩

  • 第 14 回「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト優秀賞
    変化していく音頭~音頭から始まる流行音楽のかたち~

    武井 千夏

論文活動以外の総合学習

1 学期 2 学期 3 学期
1年
( 13 歳)

インタレストスタディーズⅠ

  • 済美平成学(歴史・校訓について・建学の精神)
  • グループ活動(段ボールで沈まない舟をつくろう、防災新聞づくり)
  • 世界に目を向けよう
    (イングリッシュプログラムへの参加)

ようこそ集会を成功させよう

2年
( 14 歳)

インタレストスタディーズⅡ

  • 日本の文化についての探求(研修旅行行先調べ)
  • 論文活動にむけて
    (学問分野を知る、探究の方法を学ぶ、テーマについて考える)
  • 世界に目を向けよう(英語スキットコンテスト)

研修旅行の京都自主研修ルートづくり

3年
( 15 歳)

インタレストスタディーズⅢ(論文活動 )

  • 論文のテーマ設定
  • 論文の完成
  • 論文の発表
    論文全員発表会
    優秀論文発表会
4年
( 16 歳 )

世界に目を向けよう

  • 持続可能な開発目標(SDGs)
    について考える
  • English Camp で
    コミュニケーション能力を
    高める
  • 海外研修旅行で世界を
    見てくる

チャレンジ論文(外部コンクールへの投稿)

5年
( 17 歳)

学校のリーダーとして

  • オープンスクール
  • スポーツカーニバル

学問分野の探究

  • 新書レポートからの課題研究
  • 主権者教育
  • 新書レポートからの課題研究

チャレンジ論文(外部コンクールへの投稿)

6年
( 18 歳)

社会に出るために知っておくべきこと

  • 主権者教育、消費者問題、労働法、ジェンダー、平和学習
  • LGBTQ、デート DV など

発表の方法を学ぶ

  • プレゼンテーションの作法、面接作法